現実主義者の信仰と奇跡2009-12-26

信仰に対する作者の考え方が述べられる。

≪В реалисте вера не от чуда рождаеться, а чуда от веры. ≫

<試訳> 現実主義者の場合、奇跡から信仰が生じるのではなく、信仰から奇跡が生まれるのだ。

一般論として述べていますが、少し前で作者が「アリョーシャは誰にも増して現実主義者だったような気がする」と書いていますから、これを受けてアリョーシャのことをいっているのでしょう。
信仰の問題、とりわけ神の存在についてはフョードルをはじめカラマーゾフ家の人々が真剣に悩むテーマですが、歴史的、文化的な背景の違いを感じます。