諭すゾシマ長老(2)2009-12-31

罪を悔いる農婦に長老は救いの言葉を投げかける。

≪Ничего не бойся, и никогда не бойся, и не тоскуй. Только бы покояние не оскудевало в тебе – и всё бог простит.  Да и греха такого нет и не может быть на всей земле, какого бы не простил господь воистину кающемся. Да и совершить не может, совсем, такого греха великого человек, который бы истощил бесконечную божью любовь. ≫

<試訳> なんにも怖がることはない、いつだって怖がることも滅入ることもないんだよ。ただお前さんが悔悟の気持ちが弱まらぬようにさえしておれば、神様はすべてを赦してくれる。全くこの世に心底後悔している者を神様が赦さないようなそんな罪などあるはずがないのさ。限りない神の愛を使い尽くしてしまうほどの大罪など人間が犯せるはずがないのだよ。

虐げられ貧しさゆえの罪を悔いる農婦に、優しい言葉でその重い苦しみを解きます。神様の赦しとありますが、信仰を別にしても、過ち多き者にとって何と慈愛に満ちた慰めの言葉でしょう。