神を認めているかも知れない2011-03-01

 ≪Но теперь я вовсе не прочь с тобой переговорить и говорю это очень серьёзно. Я с тобой хочу сойтись. Алёша, потому что у меня нет друзей, попробовать хочу. Ну, представь же себе, может быть и я принимаю бога, - засмеялся Иван, - для тебя это неожиданно, а?
- Да канечно, если ты только не шутишь.
- Шутишь. Это вчера у старца сказали, что я шучу.≫

<試訳> 「でも、今はお前と本当に喜んで話し合うよ、これは本気で言ってるんだ。僕はお前と分り合いたい。アリョーシャ、僕には親友がいないから試してみたいんだ。そこで、いいかい、僕は神を認めているかも知れないんだぞ」イワンは笑いだした。「お前にとっては思ってもいなかった事だろう、どうだい」
「ええもちろんそうです、ただ兄さんがもしふざけてるんじゃなければね」
「ふざけてるなんて。それは昨日の事だよ、長老の所でそう言われたな」

・ イワンが “ 神を認める ” 可能性に触れるのは初めてです。これまで神も不死もないと公然と無神論を主張していたはずの彼ですが、どのようにアリョーシャに説明していくのでしょう。

Rachmaninoff plays Rachmaninoff2011-03-02

ロシアの作曲家ラフマニノフ(1873-1943)のピアノ曲を彼自身が演奏しているCDです。彼はロシア革命を逃れ1918年以降は欧米でピアニストとして活躍しています。録音が古いので音質はいいと言えませんが、本人が弾いていると思うと感慨があります。そう言えば彼を主人公にした “ ある愛の調べ ”(原題 сирень:ライラック)という映画のシーンが思い出されます。彼が8才の年にドストエフスキーが没しています。

神を考え出した2011-03-03

 ≪Видишь, голубчик, был один старый грешник в восемнадцатом столетии, который изрёк, что если бы не было бога, то следовало бы его выдмать, s'il n'existait pas Dieu il faudrait, l'inventer. И действительно человек выдумал бога. И не то странно, не то было бы дивно, что бог в самом деле существует, но то дивно, что такая мысль - мысль о необходимости бога - могла залезть в голову такому дикому и злому животному каков человек, до того она свята, до того она трогательна, до того премудра и до того она делает честь человеку.≫

<試訳> 「いいかい、18世紀にある罪深い老人がいて、もし神がいないのなら考え出すべきであると宣言したのさ(仏文)。そして実際に人間は神を考え出したんだ。神が存在するというのは実のところ不思議な事でも、驚くべき事でもないけど、ただ、このような考え、つまり神が必要だとする考えがこんな野蛮で邪悪な人間という動物の頭に入り込んだという事は驚嘆に値する。それ程その考えは神聖で、感動的で、極めて聡明で、人間にとって名誉な事だよ」

・ 神についての独自の考え方をイワンが展開します。人間は野蛮で邪悪な存在ながら神を受け入れた事こそ感動に値するということでしょうか。生まれた時から宗教と共に生きていた人が、神について問題意識を持つのは並々ならない事のようです。

考えないようにしている2011-03-04

 ≪Что же до меня, то я давно уже положил не думать о том: человек ли создал бога или бог человека?≫

<試訳> 「僕について言うと、人間が神を作ったのかそれとも神が人間を作ったのかについては、大分以前から考えないようにしたんだ」

・ “神がいないのなら考え出すべき”という前回の内容に続いています。神についてのイワンの論理は独特なので、理解するためにはアリョーシャと共に彼の弁舌に、さらにつきあわなければなりません。

僕の正体2011-03-05

 ≪Задача в том, чтоб я как можно скорее мог объяснить тебе мою суть, то-есть что я за человек, во что верую и на что надеюсь, ведь так, так? А потому и объявляю, что принимаю бога прямо и просто.≫

<試訳> 「課題は、できるだけ早く僕の正体を、つまり僕がどんな人間で何を信仰し何を願っているかをお前に説明する事だ、そうだろう。だから、神を認めるって事を率直にあっさり表明するよ」

・ イワンはここで初めて神を認める事を明言します。彼が使っている言葉は “ принимаю ” で、「受け入れる」「認める」というニュアンスですから「信じる」とは違うようです。さらに説明を聞きたくなります。

ユークリッド幾何学で地球を創った2011-03-06

 ≪Но вот однако что надо отметить: если бог есть и если он действительно создал землю, то, как нам совершенно известно, создал он её по эвклидовой геометрии, а ум человеческий с понятием лишь о трёх измерениях пространства.≫

<試訳> 「だけどここで頭に入れておくべき事があるんだ。つまり、もし神が存在し実際に地球を創ったとしたら、僕達がよく知り尽くしているように、神はユークリッド幾何学に従って地球を創り、3次元空間のみ理解可能な人間の頭脳を創ったことになるという事さ」

・ アリョーシャを相手に話しながら理詰めで考えを整理しているようです。ユークリッド幾何学まで登場し論旨は難しくなってきました。

無限の彼方で交差する平行線2011-03-07

 ≪Между тем находились и находятся даже и теперь геометры и философы и даже из замечательнейших, которые сомневаются в том, чтобы вся вселенная, или ещё обширенее, - всё бытие было создано лишь по эвклидовой геометрии, осмеливаются даже мечтать, что две параллельные линии, которые по Эвклиду ни за что не могут сойтись на земле, может быть, и сошлись бы где-нибудь в беспоконечности.≫


<試訳> 「ところが、宇宙全体が、あるいはさらに広義に、実在するもの全てがユークリッド幾何学に基づいてのみ創られたという事に疑いを持つ幾何学者や哲学者がかつていたし今だっているんだ、それも並はずれて優れた学者の中にもさ。その人たちは大胆に空想さえしているんだよ、ユークリッドによって地上では決して交わり得ないとされる2本の平行線が、どこか無限の彼方では交差するかも知れないとね」

・ この時代にこのような話題を登場人物に語らせている事に驚きます。神について個人の信仰の問題だけでなく科学や哲学の領域に立ち至って深く考え抜いた作者の姿がイワンに反映しているように思います。

問題を解く能力など無い2011-03-08

 ≪Я, голубчик, решил так, что если я даже этого не могу понять, то где ж мне про бога понять. Я смиренно сознаюсь, что у мнея нет никаких способностей разрешать такие вопросы, у меня ум эвклидовский, земной, а потому где нам решать о том, что не от мира сего. Да и тебе советую об этом никогда не думать, друг Алёша, а пуще всего насчёт бога: есть ли он или нет? Всё это вопросы совершенно несвойственные уму, созданному с понятием лишь о трёх измерениях.≫

「いいかい、僕は結論したのさ、この事さえも理解できないのだから神についてなど僕には理解するどころじゃないってね。謹んで白状するよ、僕にはこのような問題を解く能力などこれっぽっちも無いんだ。僕の頭脳はユークリッド的で地上のものなんだから、解決できるのはこの世の外の事についてじゃないのさ。だからお前にも忠告しておくよ我が友アリョーシャ、この問題について決して考えない事だ、とりわけ神に関する、 “ 神、ありやなしや ” の問題はね。これらはみな3次元についてのみ理解するよう創り出された頭脳には全く相応しくない問題なんだ」

・ “ この事さえ… ” と言うのは今でいえば非ユークリッド幾何学ということになるのでしょう。“ 理解不能な神 ”というイワンが考え抜いた末の結論です。当時の読者がどのように受け止めたのかとても興味あるところです。宗教心に厚いロシアの人々にとっては、考えさせられる刺激的な問題提起だったのではないでしょうか。

際限なく信じるよ2011-03-09

 ≪Итак, принимаю бога и не только с охотой, но, мало того, принимаю и премудрость его, и цель его, - нам совершенно уж неизвестные, верую в порядок, в смысл жизни, верую в вечную гармонию, в которой мы будто бы все сольёмся, верую в слово, к которому стремится вселенная и которое само " бе к богу " и которое есть само бог, ну и прочее и прочее, и так далее. в бесконечтость. Слов-то много на этот счёт наделано.≫

<試訳> 「だから、喜んで神を認めるどころか、さらに、我々には到底計り知れない神の英知も目的も認めるよ、秩序も人生の意義も信じるし、我々が皆一体となるという永遠の調和も信じる、宇宙が目指して進み、それが “ 神への道 ” であり、神そのものである言葉も信じる、その他、その他、際限なく信じるよ。これについては言葉がふんだんに作られているからな」

・ イワンは神について一般に語られている事を全て認めると言います。だからと言って積極的な信仰心が伝わってくるわけではありません。前回の流れからすると、考えの及ばない事については議論しないという事ですから、彼にとっての神は“認める”にしろ“認めない”にしろ違いは無いのではないかとさえ思います。

この世界を全く許容しない2011-03-10

 ≪Кажется, уж я на хорошей дороге - а? Ну так представь же себе, что в окончательном результате я мира этого божьего - не принимаю, и хоть и знаю, что он существует, да не допускаю его вовсе. Я не бога не принимаю, пойми ты это, я мира, им созданного, мира-то божьего не принимаю и не могу согласиться принять.≫

<試訳> 「多分僕は正しい道にいると思うが、どうだい。だけどもいいかい、最終的結論として僕は神のこの世界を認めないんだ。神が存在する事を知ってはいても、この世界を全く許容しない。神を認めないと言うんじゃないんだ、分って欲しい。僕は神によって創られた世界、神の世界を認めないし認める事に同意できないんだよ」

・ イワンは神そのものと神が創った世界を区別して考え、この世界を許せないと激しい口調で断じます。なぜなのかはまだ明らかにされていません。その激しさの裏に彼の苦悩が隠されているようです。