話したがっている2011-08-01

 ≪С брезгливым и раздражительным ощущунием жотел было он пройти теперь молча и не глядя на Смердякова в калитку, но Смердяков встал со скамейки, и уже по одному этому жесту Иван Фёдрович вмиг догадался, что тот желает иметь с ним особенный разговор.≫

<試訳> 毛嫌いするような苛立たしい感覚でイワンはその時スメルジャコフを無視して黙って木戸を入ろうとしたのだが、スメルジャコフがベンチから立ち上がった。その振舞い一つから、瞬時にイワンは彼が際立って話したがっているのを察した。

・ イワンとスメルジャコフが木戸口で出会うのですが、イワンの感情が十分説明された後ですから、二人がどのように接するのか興味が持たれます。

身震いするほど憤慨した2011-08-02

 ≪Иван Фёдрович поглядел на него и остановился и то, что он так вдруг остановился и не прошёл мимо, как желал того ещё минуту назад, озлило его до сотрясения.≫

<試訳> イワンはスメルジャコフを一瞥して立ち止った。そしてほんの一分前には通り過ぎようと思っていたのに、そうせずに急に立ち止ってしまった事に身震いするほど憤慨した。

・ 彼を無視しようとしながら思わず関わってしまうイワンの自己嫌悪です。スメルジャコフの独特な存在が物語の幅を広げます。

賢い人間同士2011-08-03

 ≪Левый чуть прищуренный глазок его мигал и усмехался, точно выговаривая: " чего идёшь, не пройдёшь, видишь, что обоим нам умным людям переговорить есть чего".≫

<試訳> スメルジャコフの細めた左眼が目配せし笑っていて、まるでこう語っているようだった。“どうなさったんです、通り過ぎられないところを見ますと、私達のような賢い人間同士にはたくさん話すべき事ことがあるのがお分かりですな。”

・ スメルジャコフの嫌味な表情の描写です。もしかするとイワン自身の内心の声なのではないかとも聞こえます。

失せろ悪党め2011-08-04

 ≪Иван Фёдрович затрясся: "Прочь, негодяй, какая я тебе компония, драк!" полетело было с языка его, но, к величайшему его удивлению, слетело с языка совсем другое: - Что батюшка спит или проснулся? - тихо и смиренно проговорил он, себе самому неожиданно, и вдруг, и тож е совсем неожиданно, сел на скамейку. На мгновение ему стало чуть не страшно, он вспоинил это потом.≫

<試訳> イワンは身を震わせ、“失せろ悪党め、俺はお前の仲間などじゃない、馬鹿者!”と罵言を浴びせんばかりだったのに、自分自身極めて驚いた事に口を突いて出た言葉は全く違ったのだった。「親父さんは眠っているかな、それとも目覚めているのかい」と、自分でも思いもしないほど静かに穏やかに言って、さらにこれまた全く予期せず、ふいにベンチに腰を下ろしたのだった。一瞬恐怖のような気持に襲われたのを、後日彼は思い出した。

・ あれ程嫌悪し無視しようとしていたのに、イワンは打ち克ち難い魔力に導かれるようにスメルジャコフを相手にし始めます。人間の心理を知りつくした作者ならではの展開です。

手前ではございません2011-08-05

 ≪Смердяков стоял против него, закинув ркуки за спину и глядел с уверенностью почти строго. - Ещё почивают-с, - выговорил он неторопливо. ( "Сам дескать первый заговорил, а не я".)≫

<試訳> スメルジャコフはイワンの真向かいに立ち、両手を後に回して確固たる自信に満ちた様子でながめていた。「まだお休みになっておられます」彼は悠然と言葉を発した。(“最初に話しかけられたのはあなた様ご自身ですぞ、手前ではございません”と言うように)

・ 言葉づかいとは裏腹に余裕があるのはスメルジャコフです。イワンはすっかり主導権を握られているようです。

ジュンベリー2011-08-06

≪Белые цветы совсем оборотились в красные бисеры.≫

白い花だったのに赤いビーズにすっかり変身。

なれなれしく笑みを浮かべた2011-08-07

 ≪- Зачем вы, сударь, в Чермашню не едете-с? - вдруг вскинул глазками Смердяков и фамильярно улыбнулся. " А чему я улыбнулся, сам дескать должен понять, если умный человек", как бы говорил его прищуренный левый глазое.≫

<試訳> 「あなた様はどうしてチェルマーシニャに行かれないのですか」急にスメルジャコフは目を上げてなれなれしく笑みを浮かべた。“私がなぜ笑ったか、賢明なお方ならお分かりになるはず”と、彼の細めた左目がそう語るかのようだった。

・ スメルジャコフは老僕のグリゴーリィと共にフョードルに長く仕えてこの家の状況を知り尽くしています。彼の言葉は主従の関係を保ってはいますが慇懃無礼で、イワンは彼のペースに持ちこまれそうです。

どうして僕がチェルマーシニャに2011-08-08

 ≪- Зачем я в Чермашню поеду? - удивился Иван Фёдрович. Смердяков опять помолчал. - Сами даже Фёдор Павлович так вас об том умоляли-с, - проговорил он наконец не спеша и как бы сам не ценя своего ответа: третьестепенною дескать причиной отделываюсь, только чтобы что-нибудь сказать.

<試訳> 「どうして僕がチェルマーシニャに行くというんだ」イワンは驚いた。スメルジャコフが再び黙りこんだ。
「フョードル様ご自身が、あなた様にそうにお頼みになられていたので」と、やっと彼はゆっくりと、自分の返答がそれほど意味がないかのように言った。つまり、ただ何か言っておくためにだけ、ありきたりの理由で逃れたのだった。

・ 確かに父フョードルが、土地の問題でイワンにチェルマーシニャに行くよう頼んだ場面があり、イワンもその場では了承しています。ドミートリィもそのことを知っていて、父がイワンの不在をねらってグルーシェンカと会おうとしていると警戒しています。スメルジャコフは何気なくその事に触れていますが、言葉とは裏腹に彼にはとっては大きな意味を持っているようです。

はっきり言わんか2011-08-09

 ≪- Э , чорт, говори ясней, чего тебе надобно? - вскричал наконец гневливо Иван Фёдрович, со смирения переходя на грубость. Смердяков приставил правую ножику к левой, вытянулся прямей, но продолжал глядеть с тем же спокойствием и с тою же улыбочкой.
- Сущуственно ничего нет-с... а так-с, к разгорору... Наступило опять молчание.≫

<試訳> 「えい、畜生、はっきり言わんか、何の用なんだ」イワンはとうとう穏やかな調子から粗野な言い方になって、腹立たしげに叫んだ。スメルジャコフは右足を左足に近寄せて背筋を伸ばしたが、それでも落ちつきはらって変わらぬ笑みを浮かべて眺めていた。
「何も大した用事はありませんで・・・、どうという事ではなく、お話として・・・」 また沈黙が始まった。

・ イワンの苛立ちとスメルジャコフの気を持たせるようなしたたかさが対照的です。

ほとんど分別を失っておられます2011-08-10

 ≪- Ужаснек моё полжение-с, Иван Фёдрович, не знаю даже, как и помочь себе, - проговорил он вдруг твёрдно и раздельно и с последним словом вздохнул. Иван Фёдрович тотчас же опять уселся.
- Оба совсем блажные-с, оба дошли до самого малого ребячества-с, - продолжал Смержаков.
- Я про вашего родителя и про вашего братца-с Дмитрмя Фёдоровича.≫

<試訳> 「恐ろしいもんですよ私の立場は、イワン様、どうやって我が身を助けたらいいのやら分らない程でして」急にスメルジャコフはしっかりと区切りながら話をし、言葉の終わりにはため息をついた。同時にイワンは再び腰を下ろした。
「お二人ともほとんど分別を失っておられますし、どちらもまるで子供になられたようでして」とスメルジャコフは続けた。「あなた様のお父上と、兄上のドミートリィ様について申しているのでございます」

・ スメルジャコフがフョードルとドミートリィについていかにも意味ありげに語りだします。イワンが彼等二人の諍いの場面に居合わせて兄の暴力を止めたのはつい昨日のことです。両者の険悪な関係を知っているだけに、父に会おうとしている今、聞き流すわけにはいかないでしょう。