わしが跪拝した長兄2011-11-01

 ≪- Одного из братьев видел,- ответил Алёша.
- Я про того, вчерашенего, старшего, которому я до земли поклонился.
- Того я вчера лишь видел, а сегодня никак не мог найти, - скажал Алёща.≫

<試訳> 「兄の一人とは会いました」アリョーシャが答えた。
「わしは、昨日わしが跪拝した長兄の事を言っとるのだよ」
「その兄さんには昨日会っただけで、今日はどうしても見つける事ができなかったんです」とアリョーシャが言った。

・ 長老はドミートリィを心配しています。まさにこの庵室で父フョードルと三兄弟そして立会人の面前で、長老が突然ドミートリィに跪いて祈る場面がありました。それが昨日のことなのですから驚きます。

まだ間に合うかも知れん2011-11-02

 ≪- Поспеши найти, завтра опять ступай и поспеши, всё оставь и поспеши. Может ещё успеешь что-либо ужасное предупредить. Я вчера великому будущему страданию его поклонился.
Он вдруг умолк и как бы задумался. Слово были странные.≫

<試訳> 「急いで見つけなさい、明日また出かけて急いで見つけるがいい、何をさて置いても急ぐことだ。何かしら恐ろしい事を防ぐのに、お前はまだ間に合うかも知れんからな。わしは昨日、あの人のこの先の大きな苦悩に対して跪拝したのだよ」
長老は急に考えこむように押し黙った。奇妙な言葉だった。

・ 庵室に戻ったばかりのアリョーシャに、長老はドミートリィを急いで探すよう命じます。ドミートリィの身に起こる不幸を予見し、それを防ぐようアリョーシャに託すのです。死の床の長老が自身を忘れ他者の不幸を気遣う姿に“実践的な愛”の深さを感じます。

どのような苦悩が2011-11-03

 ≪- Отец Иосиф, свидетель вчерешнего земного поклона старца, переглянулся с отцом Паисем. Алёша не вытерпел:
- Отец и учитель, - проговорил он в чрезвычайном волнении, - слишком неясны слова ваши... Какое это страдание ожидает его?≫

<試訳> 昨日の長老の跪拝を目撃したイオシフ神父がパイーシィ神父と見交わした。アリョーシャは耐えられなかった。
「我が師長老様」と激しく動揺して彼は言った、「お言葉が余りよく分らないのです・・・ いったいどのような苦悩が兄を待ち受けているのでしょうか」

・ いつもは黙して教えを聞き従う彼ですが、兄ドミートリィの身を案じて長老に問わずにいられないアリョーシャの不安な気持ちが描写されます。

全運命を表している眼差し2011-11-04

 ≪- Не любопытствуй. Показалось мне вчера нечто страшное... словно всю судьбу его выразил вчера его взгляд. Был такой у него один взгляд... так что ужаснулся я в сердце моём мгновенно тому, что уготовляет этот человек для себя.≫

<試訳> 「知ろうとせずとも良い。昨日何かしら恐ろしい事がわしには見えたのだよ・・・ 昨日の兄上の眼差しがまるで全運命を表しているようにな。あの方が自分のために準備しているものが、わしの心を一瞬怖れ慄かせた、そのような眼差しじゃった・・・」

・ ドミートリィの眼差しに悲運を見てとった長老の直感です。これまで多くの不幸な人々に接し実践してきた彼の洞察に真実味があります。

葡萄2011-11-05

Осень, когда всё даёт свои плоды.

 ものみな実る、秋

全てはわしらの運命2011-11-06

 ≪Раз или два в жизни видел я у некоторых такое же выражение лица... как бы изображавшее всю судьба тех людей, и судьба их, увы, сбылась. Послал я тебя к нему, Алексей, ибо думал, что братский лик твой поможет ему. Но всё от господа и всё судьбы наши.≫

<試訳> 「生涯に一、二度、わしはこのような顔つきをした人達に出会ったことがある・・・ まるでその人の運命を全部表している様な表情にな、それでその人達の運命は、悲しいかなその通りになってしもうた。わしがお前を兄上の所へ遣わしたのはな、アレクセイ、弟のお前の顔が兄上の助けになるかと思ったからなのだよ。だがな、全ては神の御心なのだし、全てはわしらの運命なのじゃからな」 

・ ドミートリィに不吉な不運の表情を見たゾシマ長老は、遣わしたアリョーシャが彼に会えなかったと知ります。神の御心と考えるかどうかは別にして、人知の及ばぬ運命の力はそれぞれの人生を運んで行きます。刻々の絶え間ない自分自身の選択も含めて。

一粒の麦2011-11-07

 ≪"Если пшеничное зерно, падши в землю, не умрёт , то останется одно; а если умрёт, то принесёт много плода". Запомни сие.≫

<試訳> 「“地面に落ちた一粒の麦は、もし死ななければ一粒のままだが、死ねば多くの実りをもたらす” これを覚えておくのだよ」

・長老が聖書の一節をアリョーシャに贈ります。彼が知らないはずはありませんが、死に臨む長老の言葉としてひとしお深く心に刻まれたことでしょう。

お前の顔ゆえに2011-11-08

 ≪А тебя, Алексей, много раз благословлял я мысленно в жизни моей за лик твой, узнай сие, - проговорил старец с тихою улыбкой. - Мыслю о тебе так: изыдёшь из стен сих. а в миру пребудешь как инок.≫

<試訳> 「アレクセイ、わしは折にふれてお前の顔ゆえに心の中で何度も祝福したのだよ、この事も心に留めておきなさい」長老は静かに微笑んで語った。「お前についてわしはこう思っておる、ここの壁から出て行っても、世間の中でお前は修道士のように生き続けるだろう」

・ 長老はアリョーシャを、俗世間に出ても修道士としての役割を果たす資質を備えた特別な存在と見ています。“顔ゆえに”の意味は後で明かされます。

敵でさえお前を 愛する2011-11-09

 ≪Много будешь иметь протисников, но и самые враги, твои будут любить тебя. Много несчастий принесёт тебе жизнь, но ими-то ты и счастлив будешь и жизнь благословишь, и других благословить заставишь, что важнее всего. Ну вот ты каков.≫

<試訳> 「敵対する者を大勢持つことになろうが、まさにその敵でさえお前を愛するようになるじゃろう。人生はお前に数々の不幸をもたらすが、それらによってこそお前は幸福になり、人生を祝福し、そして他の人々を祝福させるようになる、それが何よりも大切な事じゃよ。お前はそのような存在なのじゃからな」

・ 長老はアリョーシャに今後の厳しい道を示して諭します。“不幸によって幸福になる”、信仰に裏付けられていなければ達せられない境地でしょう。彼の資質を見抜いた長老の励ましでもあります。

秋の名残2011-11-10

Приближается зима.
Но, вот в саду ещё осенная красота!

冬が近づく
でも、庭にはまだ秋の美が!