陽光2012-01-01

Можно быть спокойным, ведь солнце блистает.

大丈夫、太陽が輝いているじゃないか

何たる書物でありましょう2012-01-02

 ≪Что за книга это священное писание, какое чудо и какая сила данные с нею человеку! Точно изваяние мира и человека и характеров человеческих, и названо всё и указано на веки веков.≫

<試訳> この聖書は何たる書物でありましょう!何たる奇跡、何たる力を人間に与えた事でありましょう!世界と人間と人間の特質を精密に彫りあげたものであり、永遠にあらゆる事が名を与えられ教示されておるのです。

・ 長老はヨブ記について述べながら聖書の素晴らしさを熱を込めて語ります。信仰の拠り所として世紀を越えて世界中で多くの人々に読まれるだけではなく、美術、音楽、文学のモチーフともなるなど、人間の歴史に大きな影響を与えた書と言えるでしょう。

澄み切った老年の訪れ2012-01-03

 ≪Но можно, можно: старое горе великою тайной жизни человеческой переходит постепенно в тихую умиленную радость; вместо юной кипучей крови наступает кроткая ясная старость:≫

<試訳> いや可能です、可能なのですよ。古い悲しみは人間の生命の偉大な神秘によって徐々に静かな感動の歓びに変わるのです。情熱的な若い血潮に代わっておだやかで澄み切った老年が訪れるのです。

・ 苛酷極まりない悲惨な目にあったヨブが果たして以前のように幸福になるのは可能か、との自問への答えです。ヨブの物語に長老は信仰の本質を見ているようです。

心は嬉しさに泣いている2012-01-04

 ≪Кончается жизнь моя, знаю и слышу это, но чувствую на каждый оставшийся день мой, как жизнь моя земная соприкасается уже с новою, бесконечною, неведомою, но близко грядущею жизнью, от предчувствия которой трепещет восторгом душа моя, сияет ум и радостно плачет сердце...≫

<試訳> 私の人生が終わろうとしているのを知り感じてもおるのですが、残された日毎に私の地上の生命が、間近に来たる新たな限りない生命と早や触れ合うのを実感します。その予感で私の魂は感激に震え、思いは喜びに輝き、心は嬉しさに泣いているのです・・・。

・ 地上の生命が永遠の生命へとつながる予感は宗教者の長老の到達した境地でしょう。集まっている神父達に向けての説話が続きますが、これを記したアリョーシャもまた敬愛する長老の言葉を胸震せて心に刻んだに違いありません。

行って遊びな2012-01-05

Ну, ступай теперь, играй..."

“ さあ、もう行って遊びな・・・ ”      (マルケル)

粗野で残酷で愚かな者2012-01-06

 ≪В Петербурге, в кадетском корпусе, пробыл я долго, почти восемь лет, и с новым воспитанием многое заглушил из впечатлений детских, хотя и не забыл ничего. Взамен того принял столько новых привычек и даже мнений, что преобразился в существо почти дикое, жестокое и нелепое.≫

<試訳> ペテルブルグでは私は士官学校にほとんど八年間もの長い期間在校して、新しい教育を受けて、子供の頃の印象の多くを抑え込んでいました、何一つ忘れはしませんでしたが。それに代わってたくさんの新しい習慣や考え方までも取り込んで、まるで粗野で残酷で愚かな者に変わり果てたのです。

・ 長老はペテルブルグで軍人としての教育を受けた当時の自分の姿を回想します。幼年時代の教会での神秘的な体験などは胸の奥底に消え、軍人気質で“変わり果てた”と語る様子に悔恨の辛さを感じます。

感化されやすかった2012-01-07

 ≪Лоск учтивости и светского обращения вместе в французким языком приобрёл, а служивших нам в корпусе солдат считали мы все как за совершенных скотов и я тоже. Я-то может быть больше всех, ибо изо всех товарищей был на все восприимчвее. ≫

<試訳> 外見上の儀礼や社交マナーはフランス語と一緒に身につけましたが、士官学校で私達に仕える従卒を家畜同然に皆が見なしていました、私もなのです。私こそ誰よりそうであったかも知れません。というのは仲間の中で私が一番感化されやすかったからです。

・ 士官学校は将校を養成するエリート教育の場です。上下の階級が峻厳な軍人の世界にあって尊大さに疑問を感じなくなったのでしょう。長老はそれを否定的に回顧していますが、最後まで疑問を持たずに過ごす人のほうが多かったかも知れません。19世紀のロシアに限った事ではないように思います。

将校となった時2012-01-08

 ≪Когда вышли мы офицерами, то готовы были проливать свою кровь за оскорблённую полковую честь нашу, о настоящей же чести почти никто из нас и не знал, что она такое есть, а узнал бы, так осмеял бы её тотчас же сам первый.≫

<試訳> 将校となった時、私達は連隊の名誉の毀損に対しては自らの血を流す覚悟がありました。真の名誉が一体どんなものであるかを誰一人知らずにです。知っていたとしても私など即座に真っ先に嘲笑った事でしょう。

・ 将校仲間の中で最も尊大で直情的だった様子を長老は語り続けます。民衆に慕われる温和で謙遜な長老とはかけ離れた青年将校の頃の姿です。

青春のあらゆる欲求に任せ2012-01-09

 ≪Пьятством, дебоширством и ухарством чуть не гордились. Не скажу, чтобы были скверные; все эти молодые люди были хорошие, да вели-то себя скверно, а пуще всех я. Главное то, что у меня объявился свой капитал, а потому и пустился я жить в своё удовольствие, со всем юным стремлением, без удержу, поплыл на свех парусах.≫

<試訳> 深酒、大暴れ、向う見ずな行動はむしろ誇らしかったのです。この青年たちは皆善良でしたから下劣な輩だったなどと思ってはいませんが、確かに素行は悪かったのです。中でも私などは一番ひどいものでした。それは何よりも自分の財産ができたからで、青春のあらゆる欲求に任せて抑えることなく享楽的な生き方にのめり込んで、突っ走り始めたのです。

・ 彼は貴族の家に生まれていますから、相続した遺産を使える年齢に達したのでしょう。独り身の青年将校が若さに任せて放蕩に走る姿はリアルです。ドミートリィの姿がふと重なります。謹厳実直とは程遠いこのような過去を背負った長老が一層深みのある人間に感じられます。

やがて年月が経ったら2012-01-10

≪Ну вот что дивно: читал я тогда и книги и даже большим удовольствием; библию же одну никогда почти в то время не развёртывал, но никогда и не расставался с нею, а возил её повсюду с собой: воистину берёг эту книгу, сам того не ведая, "на день и час, на месяц и год".≫

<試訳> 不思議ですが、そんな当時にあっても私は大いに好んで読書していました。もっとも、聖書だけはその頃は開く事はなかったのですが、それでもそれを決して手離さずどこへでも持ち歩いていたのです。“そのうち、やがて年月が経ったら”と、まさしく気付かぬままにこの書を大事にしていたのです。

・ 意識せずに聖書だけは肌身離さなかったところに彼の真情が隠されています。人生は刻々の選択と決断だと思いますが、その瞬間にもその人の個性や感性が無意識のうちに影響します。それは生まれ持ったもの、幼い時に得たもの、そして教育や経験によって積み上げられたものでしょうが、彼の胸の奥底に潜んだものは、荒れた生活の中でも変わらずに保たれているようです。