生まれて初めてこの疑問が2012-02-02

 ≪И вспомнил я тут моего брата Маркела и слова его пред смертью слугам: "Милые мои, дорогие, за что вы мне служите, за что меня любите, да и стою ли я, чтобы служить-то мне?" "Да, стою ли", вскочило мне вдруг в голову. В самом деле, чем я так стою, чтобы другой человек, такой же как я образ и подобие божие, мне служил? Так и вонзился мне в ум в первый раз в жизни тогда этот вопрос.≫

<試訳> そして私は兄マルケルの事を、そして彼が死ぬ前に召使に話した言葉を思い出しました。“愛しいお前達、どうして私に仕えるんだい、どうして愛してくれるんだい、僕は仕えてもらうに値するだろか?” “そうだ、俺は値するだろうか?” という言葉がふと頭に浮かびました。実際、私と同様に神に似せて作られた他の人間に仕えてもらう値打ちなどどうして私にあるでしょう。このように、生れて初めてその時この疑問が頭を突き刺したのです。

・ ここに至って兄の言葉が重く響きます。このような疑問を抱きながら果たして軍人としての自分を保てるのか、目前の決闘はどうなるのか、長老の回想に引き込まれていきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック