惚れ込んで我を忘れる2012-09-06

 ≪Когда Фёдор Паврович Карамазов, связавшийся первоначально с Грушенькой по поводу одного случайного "гешефта", кончил совсем для себя неожиданно тем, что влюбился в неё без памяти и как бы даже ум потеряв, то старик Самсонов, уже дышавший в то время на ладон, сильно подсмеивался.≫

<試訳> フョードル・カラマーゾフが、ある思いがけない “ 儲け仕事 ” に関連して初めてグルーシェンカと組んだ際に、自分でも意外なほど彼女に夢中になって惚れ込んで我を忘れる始末になった時、既に死期の迫っていたサムソーノフ老人はひどく嘲笑ったものだった。

コメント

_ 慎之介 ― 2012-09-08 17:48

露をはなびらにつけたダリア、こんなのを目にすると創造主の存在を信じたくなるのです。

_ mir→慎之介さん ― 2012-09-08 20:33

そうです、そうです。暗闇の大地から芽生えて時を得て花開き、物言わず朽ちて大地に戻る、あるがままの生命、それでいいのですよね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック