お先真っ暗だからな2012-09-08

≪В самое последнее время, когда появился вдруг с своею любовью и Дмитрий Фёдорович, старик перестал смеяться. Напротив, однажды серьёзно и строго посоветовал Грушеньке: "Если уже выбирать из обоих, отца аль сына, то выбирай старика, но с тем однако же чтобы старый подлец беспременно на тебе женился, а предвалительно хоть некоторый капитал отписал. А с капитаном не якшайся, пути не будет".≫

<試訳> つい最近になって、突然ドミートリィまでが恋心を抱いて立ち現れると老人は笑うのをやめた。それどころか、ある時、真剣に厳しくグル―シェンカに忠告したのだった。“ もし親父か息子か二人のどちらかを選ぶのなら、爺さんの方を選ぶがいい。ただし、あの卑劣漢の爺さんがお前と必ず結婚するとの条件で前もってある程度であっても財産をお前名義にさせるんだ。大尉さんとは付き合っちゃならん、お先真っ暗だからな ”

・ サムソーノフが彼女にカラマーゾフ親子との付き合い方を教示するのがまるで父親のようです。自分の死後を考えての事でしょう。ドミートリィを評して “ お先真っ暗 ” と言い残したのは暗示的です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック