彼女の召使2012-09-10

 ≪Даже обе сулжнки Грушеньки (после уже разразившейся катастрофы, о которой ещё речь впереди) показали потом на суде, что Дмитрия Фёдоровича принимала Аграфена Александровна из одного лишь страху, потому будто бы, что "убить грозился". Служанок у неё было две, одна очень старая кухарка, ещё из родительского семейства её, больная и почти оглохшая, и внучка её, молоденькая, бойкая девушка лет двадцати, Грушенькина горничная.≫

<試訳> グルーシェンカの二人の召使女でさえ、後に法廷で(後述する惨劇が突発した後でだが)、グルーシェンカはドミートリィが “ 殺すと脅したので ” ただただ恐ろしさから会っていたのだと証言したほどだった。 彼女の召使は二人だけで、一人は彼女の生家から来たかなり年老いた、病身でほとんど耳の聞こえない料理女で、もう一人はその孫娘で、グルーシェンカの小間使いをしている二十歳ばかりの活発な娘だった。

・ ドミートリィに対するグルーシェンカの感情は、近くにいた者にも分からなかったのです。彼を巡ってカテリーナと激しい口論の末に打ちのめした時も、彼女は居合わせたアリョーシャに「あなたのために一芝居打ったのよ」と謎めいた言葉を残しています。
これまで多くの伏線はありましたが、ここで初めて “ 惨劇 ” の言葉が登場し予告されます。