カードの封を切っていた2014-04-01

 ≪- Дайте мне пять рублей, - прошептал он Мите, - я бы тоже в банчик рискнул, хи-хи!
- Прекрасно, великолепно! Берите десять, вот! - Он вытащил опять всё кредитки из кармана и отыскал десять рублей. - А проиграешь, ещё приходи, ещё приходи...
- Хорошо-с, - радостно прошептал Максимов и побежал в Залу. Воротился тотчас и Митя и извинился, что заставил ждать себя. Паны уже уселсь и распечатали игру. Смотрели же гораздо приветливее, почти ласково.≫

<試訳> 「5ルーブルいただきたいのですがな」 マクシーモフがミーチャに言った。「私も銀行ゲームに賭けてみたいんでして、ひっひっ!」
「そりゃいい、素晴らしい! 10ルーブルお取りなさい、ほら!」 彼はまたポケットから札を全部取り出して10ルーブルを捜し出した。「負けたら、また来るといい、また来るといいさ・・・」
「分りましたです」 嬉しそうに呟いてマクシーモフは広間へと駆け出した。ミーチャもすぐに戻ると、待たせておいた事を詫びた。紳士達はもう席についてカードの封を切っていた。たいそう愛想良さそうになって優しいと言っていいほどの表情だった。

いくらでもお賭け下さい2014-04-02

 ≪Пан на диване закурил новую трубку и приготовился метать; в лице его изобразилась даже некая торжественность.
- На мейсца, панове! - провозгласил пан Врублевский.
- Нет, я не стану больше играть, - отозвался Калганов, - я давеча уж им проиграл пятьдесят рублей.
- Пан был нещенсливый, пан может быть опять щенсливым, - заметил в его сторону пан на диване.
- Сколько в банке? Ответный? - горячился Митя.
- Слухам, пане, может сто, може двесьце, сколько ставить будешь.
- Миллион! - захохотал Митя.
- Пан капитан может слышал про пана Подвысоцкего?
- Какого Подвысоцкого?≫

<試訳> ソファーの紳士は新しく詰めたパイプを吸い始め、カードが配られるのに備えていた。彼の顔には何やら厳粛ささえ浮かんでいた。
「席について、諸君!」 ブルブレフスキー紳士が大声で告げた。
「いや、私はこれ以上やるつもりはありません」 カルガーノフが応答した。「さっきもうこの人達に50ルーブル負けましたから」
「あなたはつきがなかった、今度はつきがまた来るかも知れません」 ソファーの紳士が彼のほうに向かって言った。
「いくら賭けるのです? 限度ありですか?」 ミーチャは夢中になっていた。
「いいのですよ貴君、100ルーブルでも200でも結構なのです、いくらでもお賭け下さい」
「100万だ!」 ミーチャが高笑いした。
「大尉殿、パドビソツキー紳士の事をお聞きですか?」
「パドビソツキーとは誰ですか?」

・ 作者自身賭け事にのめり込んだ時期があります。有り金を使い果たして、作品の執筆を前提に出版社に前借する事も再三でした。経験上このような賭博の場面描写は得意とするところでしょう。

名誉を賭けます2014-04-03

 ≪- В Варшаве банк ответный ставит кто идёт. Приходит Подвысоцкий, видит тысёнц злотых, ставит: ва-банк. Банкер муви: "пане Подвысоцки, ставтишь злото, чи на гонор?" - На гоплонор, пане, муви Подвысоцки. - "Тем лепей, пане". Банкер мечет телью, Подвысоцкий берёт тысёц злотых. - "Почкеай, пане", муви банекр, вынул ящик и даёт миллион: "бери, пане, тот есть твой рахунек" (вот твой счёт)! Банк был миллионным. - я не знал того, - муви Подвысоцкий. - "Пане Подвысоцки, - муви банкер, - ты ставилэсь на гонор, и мы на гонор". Подвысоцкий взял миллион.≫

<試訳> 「ワルシャワで誰でも賭けられる限度ありの銀行ゲームがありました。パドビソツキーがやって来て、場の千ルーブル金貨を見て、賭けると言いました。銀行の親が “ パドビソツキーさん、あなたは金貨を賭けますか、それとも名誉を賭けますか?” と聞きました。“ 名誉を賭けますよ、貴君 ” とパドビソツキーが言いました。“ それはなお結構です ”。 親がカードを配りました。パドビソツキーが勝って千ルーブル金貨を取ろうとしました。“ お待ちなさい、あなた ” 親が言って箱を取り出して百万ルーブルを渡したのです。“ お取りなさい、これがあなたの取り分です ”。ゲームは百万ルーブル勝負だったのです。“ それは知りませんでしたのに ” パドビソツキーが言いました。“ パドビソツキーさん、あなたは名誉を賭けました、だから我々も名誉を賭けたのです ”と親が言いました。パドビソツキーは百万を得たのです」

・ 紳士の話す言葉はところどころにポーランド訛りがあって、単語の綴りが似てはいても辞書にない事があり訳に苦労します。
紳士は百万賭けた例が実際にあった事を、ドミートリィに言いたいのかも知れません。

失礼な言い方2014-04-04

 ≪- Это не правда, - сказал Калганов.
- Пане Калганов, в шляхетной компании так мувиць не пржистои (в порядочном обществе так не говорят).
- Так и отдаст тебе польский игрок миллион! - воскликнул Митя, но тотчас спохватился: - Прости, пане, виновен, вновь виновен, отдаст, отдаст миллион, на гонер, на польску честь! Видишь, как я говорю по-польски, ха-ха! Вот ставлю десять рублей, идёт - валет.≫

<試訳> 「それは嘘だ」 カルガーノフが言った。
「カルガーノフさん、気品のある社交の場ではそのような言い方はしないものですよ」
「そんなら君にもポーランドの賭博師が百万ルーブル払うだろうぜ!」 ミーチャが叫んだが、すぐさまはっと気がついた。「申し訳ない、貴君、悪かった、またも失礼な言い方でした、出しますよね、百万でも名誉にかけて出すでしょう、ポーランドの名誉にかけて! どうです、僕のポーランド語は、はっはっ! さあ10ルーブル賭けますよ、出たのは、ジャックだ」

・ 紳士の言った話をカルガーノフが否定し、ドミートリィも紳士に対してぞんざいな言い方をします。話が嘘でなければ、“ ポーランドの紳士が負けたら百万ルーブル出すだろう ” の意味だと思います。謝っていながら挑発的な調子です。

角折りだ2014-04-05

 ≪- А я рублик на дамочку, на червонную, на хорошенькую, на паненочку, хи-хи! - прохихикал Максимов, выдвинув свою даму, и как бы желая скрыть от всех, придвинулся вплоть к столу и наскоро перекрестился под столом. Митя выиграл. Выиграл и рублик.
- Угол! - крикнул Митя.
- А я опять рублик, я семпелечком, я маленьким, маленьким семпелечком, - блаженно бормотал Максимов в страшной радости, что выиграл рублик.≫

<試訳> 「私は1ルーブルをクイーンに、ハートの、かわいいお嬢さんに賭けますぞ、ひっひっ!」 マクシーモフが下品に笑い、自分のクイーンを突き出すと、皆に隠そうとでもするようにテーブルに身を寄せてテーブルの下で急いで十字を切った。ミーチャが勝った。1ルーブルの賭け人も勝った。
「角折りだ!」 ミーチャが叫んだ。
「また1ルーブルにしますぞ、シンプルに、ちょびちょびとシンプルな賭け方でな」 マクシーモフが1ルーブル勝った事をひどく喜んで、見るからに幸せそうにつぶやいた。

・ “ 角折 ” はカードの角を折って賭け金が4分の1だけ多くする事です。詳しいルールが分らず残念です。

全て負けてしまった2014-04-06

 ≪- Бита! - крикнул Митя. - Семурку на пе.
Убили и на пе.
- Перестеньте, - сказал вдруг Калганов.
- На пе, на пе, - удваивал ставки Митя, и что ни ставил на пе - всё убивалось. А рублики выигрывали.
- На пе, рявкнул в ярости Митя.
- Двесьце проиграл, пане. Ещё ставишь двесьце? - осведомился пан на диване.≫

<試訳> 「やられた!」 ミーチャが叫んだ。「倍賭けで7だ」
倍賭けもやはり負けた。
「おやめなさい」 突然カルガーノフが言った。
「倍賭けだ、倍賭けだ」 ミーチャは賭け金を倍増しにしたが、何に倍賭けしても全て負けてしまった。1ルーブリの賭け人は勝ち続けた。
「倍賭けだ」 ミーチャが大声で怒鳴った。
「200ルーブル負けましたな。もう200賭けますかな?」 ソファーの紳士が尋ねた。

もうおやめなさい!2014-04-07

 ≪- Как, двести уж проиграл? Так ещё двести! Всё двести на пе! - И выхватив из кармана деньги, Митя бросил было двести рублей на даму, как вдруг Калгатов накрыл её рукой:
- Довольно! - крикнул он своим звонким голосом.
- Что вы это? - уставился на него Митя.
- Довольно, не хочу! Не будете больше играть.
- Почему?
- А потому. Плюньте и уйдите, вот почему. Не дам больше играть!≫

<試訳> 「何だって、もう200も負けてる? そんならもう200だ! 200を全部倍賭け!」 そしてポケットから金をつかみ出して、ミーチャが200ルーブルをクイーンに投げ出そうとすると、突然カルガーノフがそのカードを手で覆った。
「もうおやめなさい!」彼は持ち前のかん高い声で叫んだ。
「何の真似だい?」 ミーチャが彼を見据えた。
「もうたくさん、いやなんです! これ以上はやらないで下さい」
「どうしてだい?」
「わけならありますよ。唾をひっかけて立ち去っておしまいなさい、お分りですか。もうこれ以上はさせませんよ!」

・ 憑かれた様に賭けにのめり込むミーチャをカルガーノフが諌めます。軽薄そうに見えていた彼ですが、この毅然とした振舞いには存在感があります。

ふざけているのですか2014-04-08

 ≪Митя глядел на него в изумлении.
- Брось, Митя, он может правду говорит; и без того много проиграл, - со странною ноткой в голосе произнесла и Грушенка. Оба пана вдруг поднялись с места со страшно обизенным видом.
- Жартуешь (шутишь), пане? - проговорил маленький пан, сторого осматривая Калганова.
- Як сен поважашь то робиць, пане! (Как вы смеете это делать!) - рявкнул на Калганова и пан Врублевский.≫

<試訳> ミーチャは驚いてカルガーノフを見つめた。
「おやめなさい、ミーチャ、この人が言ってるのは本当かも知れないわ。それでなくたって大負けしてるんだもの」 妙な声の調子でグルーシェンカも言った。不意に二人の紳士がひどく侮蔑されたような顔つきで席を立った。
「ふざけているのですか、貴君?」 小柄な紳士がカルガーノフを厳しく見据えながら言った。
「どうしてそのような事をなさるのか!」 カルガーノフに向かってブルブレフスキーもがなり立てた。

・ カルガーノフがドミートリィのカードを押さえ、場が緊張します。賭博のゲームを妨害したのですから、西部劇なら拳銃に手がかかる場面です。

彼の脳裏に閃いた2014-04-09

 ≪- Не сметь, не сметь кричать! - крикнула Грушенька. - Ах петухи индейские!
Митя смотрел на них на всех поочерёдно; но что-то вдруг поразило его в лице Грушеньки и в тот же миг что-то совсем новое промелькнуло и в уме его, - странная новая мысль!
- Пани Агриппина! - начал было маленький пан, весь красный от задора, как вдруг Митя, подойдя к нему, хлопнул его по плечу.≫

<試訳> 「やめて、怒鳴るのはやめてよ!」 グルーシェンカが叫んだ。「まったく、七面鳥みたい!」
ミーチャは一同を順に眺めていた。だが、彼女の顔のある表情が突然彼の心を打ち、またその同じ瞬間に何か全く新たなものが彼の脳裏に閃いた ― 奇妙な新たな想念だった。
「アグリッピーナ嬢!」 小柄な紳士が興奮で真赤になって言い出そうとした、そのとたんに、ミーチャが近寄って彼の肩を叩いた。

・ 場面が動き出します。カルガーノフ、グルーシェンカ、紳士たちの言葉が飛び交います。彼女の表情を読み取ったドミートリィが何か行動を起こしそうです。

またとない話を2014-04-10

 ≪- Ясновельможный, на два слова.
- Чего хцешь, пане? (Что угодно?)
-В ту комнату, в тот покой, два словечка скажу тебе хороших, самых лучших, останешься доволен.
Маленький пан удивился и опасливо поглядел на Митю. Тотчас же однако согласился, но с непременным условием, чтобы шёл с ним и пан Врублевский.≫

<試訳> 「貴殿、ちょっとお話が」
「何の御用かな?」
「あちらの部屋へ、あの部屋へ行きましょう、あんたにいい話、またとない話をちょっとばかり教えます、満足しますよ」
小柄な紳士は訝って用心深くミーチャを眺めた。それでも直ちに同意したが、ブルブレフスキーも一緒にという事が必須の条件だった。

・ ドミートリィが紳士を別室に誘います。緊迫感が増します。