私どもの考えはそうです2015-01-05

 ≪- Затем? А затем убил... хватил его в темя и раскроил ему череп... Ведь так по-вашему, так! - засверкал он вдруг глазами. Весь потухший было гнев его вдруг поднялся в его душе с необычайною силой.
- По-нашему, - переговорил Николай Прфенович, - ну, а по-вашему?
Митя опустил глаза и долго молчал.≫

<試訳> 「それからですか? それから殺したんだ・・・ 父親の頭頂部を殴りつけ頭蓋を叩き割った・・・。あなた方の考えはそうなんでしょう、そうでしょう!」 ミーチャは急に目をぎらつかせた。すっかり消えていた怒りが突然、異常な力で胸の中に呼び覚まされた。
「私共の考えはそうです」 ニコライ予審判事が繰り返した。「それで、あなたによると?」
ミーチャは目を伏せて、しばらくの間黙っていた。

・ ドミートリィは供述の肝心な部分で沈黙します。彼の犯行と見て追及する当局に対して、湧きあがる怒りを鎮めようとしているようです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック