嘲笑っているんでしょう2015-01-07

 ≪Тут он поднял наконец глаза на слушателей. Те, казалось, с совершенно безмятежным вниманием глядели на него. Какая-то судорога негодования прошла в душе Мити.
- А ведь вы, господа, в эту минуту надо мной насмехаетесь! - прервал он вдруг.
- Почему вы так заключаете? - заметил Николай Парфенович.≫

<試訳> そこでミーチャはやっと聞き手に目を上げた。彼らは全く平然と注意を向けて彼を眺めているように思われた。何か憤怒の痙攣のようなものがミーチャの心をかすめた。
「皆さん、あなた方はこの瞬間も僕を嘲笑っているんでしょう!」 彼は突然供述を中断した。
「なぜあなたはそうお考えになるのですか?」 ニコライ予審判事が言った。

・ 誠意を込めて事実を語っていたドミートリィですが、冷やかに聞く相手の様子に憤然とします。信じてもらえそうにない空しさでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック