考えは見え透いている2015-01-18

 ≪Митя глубоко-насмешливым, но в то же время и страшно ненавистным взглядом посмотрел на него. Он смотрел долго и молча, так что у прокурора глаза замигали.
- Опять поймали лисицу! - проговорил наконец Митя, - прищемили мерзавку за хвост, хе-хе! Я вижу вас насквозь, прокурор! Вы ведь так и думали, что я сейчас вскочу, уцеплось за то, что вы мне подсказываете и закричу во всё горло: "ай, это Смердяков, вот убийца!" Признайтесь, что вы это думали, признайтесь, тогда буду продолжать.≫

<試訳> ミーチャはひどく嘲笑うような、同時に恐ろしいほどの憎悪の眼差しで検事を見つめた。彼が無言のまま長い間見つめていたので、検事は目をしばたたいたほどだった。
「またしても狐を捕まえましたね!」 やっとミーチャ言った。「悪党の尻尾を掴んだってわけですね、へ、へっ! あなたのお考えは見え透いていますよ、検事さん! なにしろあなたはこう思っているんですからね、僕が今にも跳び上がって、あなたがほのめかした事にしがみついて、“ ああ、スメルジャコフだ、あいつこそ人殺しだ ” と声を限りに叫ぶだろうとね。そう思っていたと白状なさい、白状なさいよ、そうしたら続きを話しますよ」

・ 検事にスメルジャコフの犯行の可能性を問われて、ドミートリィはかえって憎しみを覚え素直に答えません。相手ののペースに巻き込まれたくないのでしょう。互いに疑いながらの心理戦が続きます。

コメント

_ 慎之介 ― 2015-01-19 10:48

裁く側の常套手段ですからね。少しほっとしたものの、どんな展開になるのでしょう。現在も様々な裁判がいかにも法律に則りと、、、公平な様子で行われていますが、しみじみと裁判などに関わりない人生で終わりたい思います。

_ mir→慎之介さん ― 2015-01-19 21:00

ドミートリィのような立場に置かれたら、普通の神経と体力ではとても持ちこたえられずに屈してしまいそうです。人権を尊重する意識の希薄だった状況で、どれだけ多くの人々が不本意な扱いを受けたかを思うとやり切れません。現代でも、まだそのような歴史的段階の所もあるでしょう。人間がやっとここまでかかって確立してきた個人の権利が守られ、発展してほしいと強く思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック