想像する事もできない2015-06-01

 ≪- Не беспокойтесь так, Дмитрий Фёдорович, - заключил прокурор, - всё теперь записанное вы потом прослушаете сами и с чем не согласитесь, мы по васим словам изменим, а теперь я вам один вопросик ещё в третий раз повторю: неужто в самом деле никто, так-таки вовсе никто, не слыхал от вас об этих зашитых вами в ладонку деньгах? Это, я вам скажу, почти невозможно представить.≫

<試訳> 「そのようにご心配なさらずに、ドミートリィさん」 検事が結論づけた。「今記録された事は、全て後であなたご自身に聞いていただき、ご同意なさらない事は、あなたのおっしゃる通りに修正しますので。ところで、もうこれで3度目となる質問を繰り返させていただきます。お守りの中に縫い込んだ例の金について、果たして本当に誰も、文字通り全く誰もあなたから聞いていないのですか? あえて申し上げますが、これはほとんど想像する事もできないものですから」

・ お守りに金を縫い込んで首に下げていたとドミートリィが供述しました。印象としては、確かに彼のような男がする事には思われないでしょう。しかも、彼以外の誰もその存在を知らないのです。これも立証の難しい事柄です。

時間はたくさんあります2015-06-02

≪Никто, никто, я сказал, иначе вы ничего не поняли! Остасьте меня в покое.
- Извольте-с, это дело должно объясниться и ещё много к тому времени впереди, но пока рассудите: у нас может быть десятки свидетельств о том, что вы именно сами распространяли, и даже кричали везде о трёх тысячах, истраченных вами, о трёх, а не о полутора, да и теперь, при появлении вчерашних денег, тоже многим успели дать знать, что денег опять привезли с собою три тысяч...≫

<試訳> 「誰も、聞いた者は誰もいないと言いましたよ、でなけりゃ、あなた方は何も分からなかったんですよ! もううるさく聞かないで下さい!」
「まあよろしいでしょう、この件は解明しなければなりませんが、そのための時間はこの先まだたくさんあります。しかしとりあえず良くお考えください、あなたご自身が浪費された3千ルーブルについて、1500ではなく3千についてですよ、ご自分でいたる所で言いふらし、わめき散らした事に関して、私共にはおそらく何十もの証言があります。しかも今回も、昨日の金が現れた際にやはり、3千ルーブル持って来たとすかさず多くの人達にふれておられるんですがね・・・」

・ 当局の追求が容赦なく続きます。ドミートリィの言動、浪費癖などがこれまで多くの人に目撃されているので、彼の抗弁を説得力のないものにしています。

ほらを吹いたんだ2015-06-03

 ≪- Не десятки, а сотни свидетельств у вас в руках, две сотни свидетельств, две сотни человек слышали, тысяча слышала! - воскликнул Митя.
- Ну вот видите-с, все, свидетельствуют. Так ведь значит же что-нибудь слово все?
- Ничего не значит, я соврал, а за мной и все стали врать.
- Да зачем же вам-то так надо было "врать", как вы изъясняетесь?≫

<試訳> 「何十じゃなく何百という証言を手にされているんでしょう、二百もの証言をね、二百人は聞いています、いや千人も聞いてるんです!」 ミーチャは叫んだ。
「そうでしょう、皆が証言していますからね。皆が、という言葉は何事かを意味するのじゃありませんか?」
「何も意味するもんですか、僕がほらを吹いたんだ、それに続いて皆がでたらめを言うようになったんです」
「それならなぜ、あなたの表現で言うと “ ほらを吹く ” 必要があったのです?」

・ ドミートリィの言動についての率直な疑問点を、検事が読者に代わって質問しているようです。

あの金を忘れるためかも2015-06-04

 ≪- А чорт знает. Из похвальбы может быть... так... что вот так много денег прокутил... Из того может, чтоб об этих заштых деньгах забыть... да, это именно отого... чорт... который раз вы задаёте этот вопрос? Ну соврал и кончено, раз соврал и уж не хотел переправлять. Из-за чего иной раз врёт человек?≫

<試訳> 「分かりませんよ。自慢からかも知れません・・・ なんというか・・・ それほどの大金で豪遊したんだと・・・。いやもしかしたら、あの縫い込んだ金を忘れるためかも知れません・・・ そうだ、まさしくそのためだ・・・ ちくしょう・・・ 何度この質問をするんですか? 嘘を吹いたら終わりです、一度嘘をつくともう訂正したくなかったんです。人間って奴はどうして時々嘘をつくんでしょう?」

・ 3千ルーブル使った事を皆に吹聴した理由です。取り分けて残した半分の金を忘れるためだったかも知れないというのは、ずいぶん冷静な自己分析です。その心の動きを考えさせられます。

なぜ人間が嘘をつくのか2015-06-05

 ≪- Это очень трудно решить, Дмитрий Фёдорович, из-за чего врёт человек, - внушительно проговорил прокурор. - Скажите, однако, велика ли была эта, как вы называете её, ладонка, на вашей шее?
- Нет, не велика.
- А какой например величины?
- Бумажку сторублевую пополам сложить, вот и величина.
- А лучше бы вы нам показали лоскутки? Ведь они где-нибудь при вас?
- Э, чорт... какие глупости... я не знаю, где они.≫

<試訳> 「なぜ人間が嘘をつくのか、それを結論づけるのは大変に難しいですね、ドミートリィさん」 検事がしみじみと言った。「ところで教えていただきたいのですが、首に掛けられたお守り袋とおっしゃるものは大きかったのですか?」
「いえ、大きくはありません」
「例えばどれほどの大きさでしょう?」
「ちょうど百ルーブル紙幣を半分に折ったほどの大きさでした」
「布切れを見せていただいたほうがいいでしょう? どこか身に着けておられるのでしょうから?」
「え、ちくしょう・・・ なんてばかばかしい・・・ どこにあるか覚えてやしませんよ」

・ またしてもドミートリィの供述の裏付けとなる重要な物証がないのです。当局は質問する度に、彼を追い詰め容疑を固めていきます。

投げ捨てましたよ2015-06-06

 ≪- Но позвольте однако: где же и когда вы её сняли с шеи? Ведь вы, как сами показываете, домой не заходили?
- А вот как от Фени вышёл и шёл к Перхотину, дорогой и сорвал с шеи и вынул деньги.
- В темноте?
- Для чего тут свечка? Я это польцем в один миг сделал.
- Без ножниц, на улице?
- На площади, кажется; зачем ножницы? ветхая тряпка, сейчас разодралась.
- Куда же вы её потом дели?
- Там же и бросил.≫

<試訳> 「しかし、そうおっしゃられてもですね、いったいいつどこで首からはずしたのですか? ご自身で供述なさったように、家には立ち寄らなかったのですよね?」
「フェーニャのところを出てペルホーチンの所へ行ったときに、途中で首から引きちぎって金を取り出しました」
「暗闇でですか?」
「なぜ蝋燭がいるんです? 指であっという間にやってのけましたよ」
「はさみもなしに、往来でですか?」
「確か、広場でした。はさみなどどうして? 古びた布地だからすぐに破れたんです」
「その後、どこにそれを片付けましたか?」
「その場に投げ捨てましたよ」

・ 首に掛けていたお守り袋について、ドミートリィの行動が細かく尋問されます。当局は彼の作り話で、金はフョードルから奪ったのではないかと疑念をもって追及しています。彼の答え方も疑えば言い逃れに聞こえます。

自分で縫ったんです2015-06-07

 ≪- Где именно?
- Да на площади же, вообще на площади! Чорт её знает, где на прощади. Да для чего вам это?
- Это чрезвычайно важно, Дмитрий Фёдорович: вещественные доказатольства в вашу пользу, и как это вы не хотите понять? Кто же вам помогал зашивать месяц назад?
- Никто не помагал, сам зашил.≫

<試訳> 「それはいったいどこですか?」
「広場ですよ、とにかく広場なんです! 広場のどこかなんて分かりゃませんよ。なんのためにそんなことが聞きたいんです?」
「これは非常に重要なのです、ドミートリィさん、あなたに有利な物的証拠なのですが、どうしてそれを理解しようとしないのです? ひと月前、縫うのを誰かが手伝いましたか?」
「誰も手伝いやしません、自分で縫ったんですよ」

・ 確かにこの布切れ一つでも見つかれば、彼が嘘をついていない事が立証されるのですが、肝心のところがあいまいなのです。

布切れをどこで手に入れたか2015-06-08

 ≪- Вы умеете шить?
- Солдат должен уметь шить, а тут и уменья никакого не надо.
- Где же вы взяли материал, то есть эту тряпку, в которую зашили?
- Неужто вы не смеётесь?
- Отнюдь нет, и нам вовсе не до смеха, Дмитрий Фёдорович.
- Не помню, где взял тряпку, где-нибудь взял.
- Как бы, кажется, этого-то уж не запомнить?
- Да эй богу же не помню, может что-нибудь разодрал из белья.≫

<試訳> 「あなたは縫えるのですか?」
「兵士には縫物の心得が必要なんです、まああんなのは心得も何も要りませんよ」
「どこで材料を手に入れましたか、つまりその縫った布切れをですが」
「からかってるんじゃありませんか?」
「とんでもありません、私共はからかうどころではないのですよ、ドミートリィさん」
「布切れをどこで手に入れたかなんて覚えていません、どこかで手に入れたんですよ」
「それくらい覚えていない事はないでしょう?」
「本当に覚えてないんです、肌着からでも引き裂いたのかも知れません」

・ ドミートリィが首にかけていたお守り袋について、細かく具体的に追及されます。彼の記憶は定かではないのです。

おかみさんの頭巾で2015-06-09

 ≪- Это очень интересно: в вашей квартире тогда бы завтра отыскаться эта вещь, рубашка, может быть, от которой вы оторвали кусок. Из чего эта тряпка была: из холста, из полотна?
- Чорт её знаете из чего. Постойте... Я, кажется, ни от чего не отрывал. Она была коленкоровая... Я, кажется, в хозяйкин чепчик зашил.
- В хозяйкин чепчик?
- Да, я у ней утащил.≫

<試訳> 「それは大変興味深いですね。あなたの下宿で明日にでもその品物が見つかるかるかも知れません、布切れを切り取られたシャツでも。その布切れは何でした? 麻ですか、木綿ですか?」
「布地など分かりゃしませんよ。ちょっと待って下さい・・・。何からも切り取らなかったような気がします。それはキャラコでした・・・。たしか、おかみさんの頭巾で縫ったんです」
「おかみさんの頭巾ですか?」
「そう、彼女からくすねたんです」

・ ドミートリィは矢継ぎ早の質問に答えようと戸惑い、その答えは事実だとしても、いかにも真実味に乏しく響きます。当局の術中にはまっていくような気配です。

頭巾に縫い込んだ2015-06-10

 ≪- Как это утащили?
- Видите, я, действительно, помнится, как-то утащил один чепчик на тряпки, а может перо обтирать. Взял тихонько, потому никуда негодная тряпка, лоскутки у меня валялись, а тут эти полторы тысячи, я взял и зашил... Кажется, именно в эти тряпки зашил. Старая коленкоровая дрянь, тысячи раз мытая.
- И вы это твёрдо уже помните?
- Не знаю, твёрдо ли. Кажется, в чепчик. Ну да наплевать!≫

<試訳> 「くすねたとはどういう事です?」
「そうです、ぼくには本当に覚えがあります、雑巾にしようとね、ペンを拭うためだったかも知れませんが、いつだったか頭巾を一つくすねたんです。こっそり失敬しましてね、それで使い物にならないぼろ布が僕の部屋にほったらかしてあったんです。そこに例の1500ルーブルの事があり、持って来て縫い込んだんです・・・。たしかその布に縫い込んだんでよ。古びたキャラコのぼろ布で、千回も洗いさらしたものです」
「それでは、あなたはそれを確かに覚えておられるのですね?」
「確かにそうかは分かりません。頭巾だったという気がします。でも、どうでもいいじゃないですか!」

・ ドミートリィの記憶があいまいで、大事なところがはっきりしないので作り話のようにも聞こえてしまいます。頭巾と訳したのは、18~19世紀の婦人用の室内帽で、 ночной чепец でナイトキャップと訳されます。