新しい裁判の恩恵2016-08-01

 ≪Это как новые суды открыли, так сейчас и узнали про аффект. Это благодеяние новых судов. Доктор этот был и расспрашивает меня про тот вечер, ну про золотые прииски: каков дескать он тогда был? Как же не в аффекте: пришёл и кричит: денег, денег, три тысячи, давайте три тысячи, а потом пошёл и вдруг убил. Не хочу, говорит, не хочу убивать, и вдруг убил. Вот за это-то самое его и простят, что противилься, а убил.≫

<試訳> 「新しい裁判が開かれたので、今は心神喪失について鑑定される事になったのです。それは新しい裁判の恩恵ですよ。お医者はあの夜について、例の金鉱について、実際にドミートリィさんがあの時どのようだったか私に尋ねようとしましたわ。心神喪失に決まっていますのよ。だって、やって来るなり、金を、金を下さい、3千ルーブル、3千ルーブル下さいと叫ぶんですよ、その後で押し入って突然殺したんですもの。殺したくない、殺す気はないと言っていながら突然殺したんですからね。内心に抗いながらも殺したという、まさにこのところを理由にしてお兄さんは許されるんですわ」

・ 夫人がドミートリィの犯行を確信しているのは明らかです。その上で、心神喪失で罪を免れると言うのです。新しい裁判と言っていることから、それまでは心神喪失の概念が法廷で適用されなかった事をうかがわせます。

兄は殺してはいない2016-08-02

 ≪- Да ведь он же не убил, - немного резко прервал Алёша. Беспокойство и нетерпение одолевали его всё больше и больше.
- Знаю, это убил тот старик Григорий...
- Как Григорий? - вскричал Алёша.
- Он, он, это Григорий. Дмитрий Фёдорович как ударил его, так он лежал, а потом встал, видит дверь отворена, пошёл и убил Фёдора Павловича.≫

<試訳> 「ですが兄は殺してはいないのですから」 やや鋭くアリョーシャが遮った。不安と苛立ちが徐々に彼を襲ってきていた。
「知ってますとも、殺したのは例の老人グリゴーリィです・・・」
「グリゴーリィがですって?」 アリョーシャは叫んだ。
「彼です、彼ですよ。ドミートリィさんが彼を殴ったので倒れて、その後起き上がって戸が開いているのを見て、入り込んでフョードルさんを殺したのです」

・ 兄の無実を確信して、夫人の饒舌を遮るアリョーシャの言葉には威厳があります。話の途中で思いもよらない事が夫人の口から飛び出ます。グリゴーリィ犯人説です。謎解きを楽しんでいるかのようで真実味はありません。

はるかに素敵なんです2016-08-03

 ≪- Да зачем, зачем?
- А получил аффект. Как Дмитрий Фёдорович ударил его по голове, он очнулся и получил аффект, пошёл и убил. А что он говорит сам, что не убил, так этого он может и не помнит. Только видите ли: Лучше, гораздо лучше будет, если Дмитрий Фёдорович убил. Да это так и было, хоть я и говорю, что Григорий, но это навернро Дмитрий Фёдорович, и это гораздо, гораздо лучше!≫

<試訳> 「でもどうして、どうしてなんです?」
「心神喪失を起こしたのですよ。ドミートリィさんが頭を殴ってから、グリゴーリィは意識が戻り、心神喪失の状態になって、出かけて行って殺したのですわ。自分は殺さなかったと言っていますけど、そんな事はおそらく覚えていないのです。ただ、よろしいですか、もしドミートリィさんが殺したのならその方がずっとましですわ、遥かによろしいんです。それは事実そうだったのですから。グリゴーリィの犯行だと私、言いましたけれど、でもきっとドミートリィさんの犯行ですわ、そのほうが、はるかに、はるかに素敵なんですもの!」

・ 事件の犯人はグリゴーリィ、いやドミートリィだと夫人の勝手な推測をアリョーシャが聞かされます。ましてや素敵だなどと軽々しく言われる身内の気持を全く理解していません。加害者とされる家族の不幸は、現代においても壮絶なものがあると聞きますが、人間性が問われるところです。

新しい裁判に乾杯するの2016-08-04

 ≪Ах, не потому лучше, что сын отца убил, я не хвалю, дети, напротив, должны почитать родителей, а только всё-таки лучше, если это он, потому что вам тогда и плакать нечего, так как он убил себя не помня, или лучше сказать, всё помня, но не зная, как это с ним сделалось. Нет, пусть они его просит, это так гуманно, и чтобы видели благодеяние новых судов, а я-то и не знала, а говорят, это давно, и как я вчера узнала, то меня это так поразило, что я тотчас же хотела за вами послать; и потом, коли его простят, то прямо его из суда ко мне обедать, а я созову знакомых, и мы выпьём за новые суды.≫

<試訳> 「ああ、そう言いましたのは、息子が父親を殺した事がましだからではありませんよ、私はそれをほめるわけじゃなく、反対ですわ、子供は親を敬わなければなりませんもの。だた、それがもしお兄さんの犯行なら、やはりましですの。なぜって、それならあなたが泣く事はないのですもの。お兄さんはそれと知らずに、と言うよりは、全て覚えているのに、どうしてそうなったのか意識せずにやってしまったのです。そうよ、お兄さんを無罪にさせましょう、それはとても人道的なのですし、新しい裁判の恩恵を見せてくれるためでもあるのですから。私など、存じませんでしたが、それは大分以前からだそうで、昨日聞き知って衝撃を受けましたの、それですぐにもあなたにお迎えを出したいと思いましたわ。そしてそのうち、もしお兄さんが放免されたら、真っ直ぐに法廷から私の家の宴においでいただいて、知人を呼び集めて皆で新しい裁判に乾杯するのですわ」

・ 要するに、事件はドミートリィの犯行で、心神喪失だった事を理由に無罪になるという考えです。夫人は自分の組み立てた筋書きに酔っているようですが、根拠はないのです。昨日その可能性を知ったばかりなのに、それを確信して早々と祝宴まで思い描いていて、それが素敵だというわけです。

誰もが心神喪失になっています2016-08-05

 ≪Я не думаю, чоб он был опасен, притом я позову очень мнего гостей, так что его можно всегда вывести, если он что-нибудь, а потом он может где-нибудь в другой городе быть мировым судьей или чем-нибудь, потому что те, которые сами перенесли несчастие, всех лучше судят. А главное, кто ж тепеь не в аффекте, вы, я, все в аффекте, и сколько примеров: сидит человек, поёт романс, вдруг ему что-нибудь не понравилось, взял пистлолет и убил кого попало, а затем ему всё прощают.≫

<試訳> 「お兄さんが危険な人だなんて思いませんわ、それにとても大勢のお客様をお招きするつもりですから、万一お兄さんが何かなさろうといつでもお連れ出しできます。その後で、どこか別の町で治安判事か何かにおなりになるかも知れませんしね。なぜって、自から不運を体験した方は誰よりも立派にお裁きになるのですから。何よりも、このご時世に心神喪失になっていない人なんているものですか。あなたも、私だって、誰もが心神喪失になっていますし、そんな例はいくらでもございますわ。たとえば、椅子に腰かけてロマンスを歌っている人が、ふいに何かが気に入らず、ピストルを握るなり行きずりの人を撃ち殺したのですよ、ところがその後で全てが赦されるんですの」

・ 夫人はドミートリィが赦されて戻った後の事まで空想をふくらませます。心神喪失をキーワードに “ このご時世に心神喪失に陥っていない人はいない ” とまで言うのです。当時は人々がそう感じるような状況だったのかも知れません。夫人の口を借りて世情を暗に批判している作者を感じます。

娘のリーザも心神喪失2016-08-06

 ≪Я это недавно читала, и все доктора подтвердили. Доктора теперь подтверждают, все подтверждают. Помилуйте, у меня Lise в аффекте, я ещё вчера от неё плакала, третьего дня плакала, а сегодня и догадалась, что это у ней просто аффект. ≫

<試訳> 「これはついこの間読みましたのよ、どのお医者様も裏付けていましたわ。今ではお医者様たちに認められていて、誰もが認めている事です。何てことでしょう、娘のリーザも心神喪失ですのよ、あの子の事でまた昨日泣かされましたし、おとといも泣きましたわ。ところが今日、あの子は心神喪失なだけと思い当たりましてね。

・ 夫人は心神喪失という言葉にとらわれて何もかもそのせいにしてしまいます。“ 冷静な判断ができない ” という程の意味で使っているような感じがします。そのせいだと考えると、リーザへの心配も少し楽になるのでしょう。

あの子が呼んだのでしょう2016-08-07

 ≪Ох, Lise меня так огорчает! Я думаю, она совсем помешалась. Зачем она вас позвала? Она вас позвала, или вы сами к ней пришли?
- Да, она звала, и я пойду сейчас к ней, - встал было решительно Алёша.≫

<試訳> 「ああ、リーザにはとても悲しませられますわ! すっかりおかしくなったのではと思っていますのよ。どうしてあの子はあなたを呼んだのかしら? あの子が呼んだのでしょう、それともあなたがご自分でいらっしゃったの?」
「ええ、呼ばれたのです、ですから今すぐ行ってみます」 アリョーシャは意を決して立ち上がりかけた。

・ 機をとらえてやっとアリョーシャが席を立ちかけますが、果たして・・・。

娘をお任せできないのです2016-08-08

 ≪Ах, милый, милый Алексей Фёдорович, тут-то может быть и самое главное, - вскрикнула г-жа Хохлакова, вдруг заплакав. - Бог видит, что я вам искренно доверяю Lise, и это ничего, что она вас тайком от матери позвала. Но Ивану Фёдоровичу, вашему брату, простите меня, я не могу доверить дочь мою с такою лёгкостью, хотя и продолжаю считать его за самого рыцарского молодого человека. А представьте, он вдруг и был у Lise, а я этого ничего и не знала.≫

<試訳> 「ああ、ねえアレクセイさん、これこそが肝心な事かも知れないのですわ」 ホフラコワ夫人は急に泣き出しながら叫んだ。「あなたに心底リーザをお任せしたのは、神様ご覧の通りですし、あの子があなたを母親に隠れて呼んだのもかまいません。けれど、お兄さんのイワンさんに、失礼ですが、そう軽々しく娘をお任せできないのです。あの方がとても高邁な青年だとずっと認めておりますけれどね。それなのに、意外なことに、あの方はふいにリーザのところにいらしたのですわ、それを私、全く存じませんでしたの」

・ イワンがリーザのもとに現れたとすると確かに意外です。混み入っている人間関係がさらに複雑になりそうで、それをどのように収拾するのか興味が尽きません。

二度ほどお見えになりまして2016-08-09

 ≪- Как? Что? Когда? - ужасно удивился Алёша. Он уж не садился и слушал стоя.
- Я вам расскажу, я для этого-то может быть вас и позвала, потому что я уж и не знаю, для чего вас позвала. Вот что: Иван Фёдорович был у меня всего два раза по возвращении своём из Москвы, первый раз пришёл как знакомый сделать визит, а в дркгой раз, это уже недавно, Катя у меня сидела, он и зашёл, узнав что она у меня.≫

<試訳> 「何ですって? どうして? いつですか?」 アリョーシャは恐ろしく驚いた。もう彼は座ろうとせずに立ったままで聞いていた。
「お話しますわ、この事のためにお呼びしたのかも知れないのですもの、だって、何のためにお呼びしたのか、私もう分からなくなりましたの。実はこうなのですわ、イワンさんはモスクワから戻られると、二度ほどお見えになりましてね、最初は知人としてのごあいさつにいらして、二度目はつい最近、カーチャがうちにいらしていたので、それを知ってお寄りになりました」

・ イワンは事件の直前にモスクワに発ったのですが、父が殺され兄ドミートリィが逮捕されるに至っては帰らざるを得ません。カテリーナには決別の言葉を残して去ったのですから、また会おうとする心境の変化を知りたいものです。

私じゃなくリーザの所へ2016-08-10

 ≪Я, разумеется, и не претендовала на его частые визиты, зная, сколько у него теперь и без того хлопот, vous comprenez? cette affaire et la mort terrible de votre papa, только вдруг узнаю, что он был опять, только не у меня, а у Lise, это уже дней шесть тому, пришёл, просидел пять минут и ушёл. ≫

<試訳> 「私は、もちろん、イワンさんにしょっちゅういらして下さいとは勧めませんでしたのよ、それでなくても今あの方はとても忙しいのを存じてますから。お分かりよね、あの事件とあなたのお父上の恐ろしい死ですものね。ところがお兄さんが再びいらしたのが、私じゃなくリーザの所へだとじきに分かりましてね、もう6日も前、5分ほど過ごされて帰られたそうです」

・ 誰の事でも知っていたい好奇心に満ちた夫人の事、まして娘のリーザがイワンと密かに合っていたのが驚きなのです。
夫人は “ お分かりよね、あの事件とお父上の恐ろしい死 ” の部分をフランス語で話しています。ロシア語での生々しい表現を和らげたのだと思います。アリョーシャもフランス語が分かるのでしょう。