どんな人か知らない2016-10-01

 ≪- Карл Бернао? - удивился опять Алёша.
- Нет, не Карл, постой соврал: Клод Бернар. Это что такое? Химия что ли?
- Это должно быть учёный один, - ответил Алёша, - только, признаюсь тебе, и о нём много не сумею сказать. Слышал только, учёный, а какой, не знаю.
- Ну и чорт его дери, и я не знаю, - обругался Митя.≫

<試訳> 「カール・ベルナール?」 またアリョーシャがいぶかし気に聞いた。
「いや違う、カールじゃない、待てよ間違えた、クロード・ベルナールだ。誰なんだい? 化学者かな?」
「それは確か学者ですね」 アリョーシャーが答えた。「でも、正直言って、その人については多くを語れません。学者だと聞いただけで、どんな人か知らないですから」
「まあ、そいつの事なんかどうでもいいんだ、僕も知らないんだ」 ミーチャが吐き捨てるように言った。

・ ドミートリィはどうでもいいような事を口にしています。それがかえって何か本当に言いたいことを胸に秘めているように感じます。
クロード・ベルナールは作者と同時代の実在のフランスの医学・生理学者です。精神性を重んじるドミートリィは、人間を生理学的に研究している彼に抵抗があるのです。

文壇に乗り出そうとしている2016-10-02

 ≪- Подлец какой-нибудь, всего вероятнее, да и все подлецы. А Ракитин пролезет, Ракитин в щелку пролезет, тоже Бернар. Ух, Берналы! Много их расплодилось!
- Да что с тобою? - настойчиво спросил Алёша.
- Хочет он обо мне, об моём деле статью написать, и тем в литературе свою роль начать, с тем и ходит, сам объяснял.≫

<試訳> 「いい加減な卑劣漢だよ、きっとな、どいつもこいつも卑劣漢さ。ところがラキーチンはうまく立ち回って隙間に潜り込んでる、あいつもベルナールなんだ。ベルナールの一派だぜ! そんな連中がいっぱいはびこってるんだ!」
「兄さん、どうしたんです?」 しつこくアリョーシャーが尋ねた。
「あいつは僕の事や事件について評論を書いて、それでもって文壇に乗り出そうとしているのさ。だからしょっちゅう面会に来るんだ、自分でも言ってたよ」

・ ラキーチンが足しげくドミートリィに面会に来るのは、事件をネタに世に出るための情報収拾なのです。ドミートリィは、そんな下心が不愉快なのです。

色合いなどどうだっていい2016-10-03

 ≪С направлением что-то хочет: "дескать, нельзя было ему не убить, заеден средой" и проч., объяснял мне. С оттенком социализма, говорит, будет. Ну и чорт его дери, с оттенком, так с оттенком, мне всё равно. Брата Ивана не любит, ненавидит тебя тоже не жалует. Ну, а я его не гоню, потому что человек умный. Возносится очень однако.≫

<試訳> 「何やらある傾向で書くつもりなのさ、つまり ‟ 環境に苦しめられて、殺さずにはいられなかったそうだ ” とか何とか説明してたよ。社会主義の色合いをつけてやるとか言ってな。色合いをつけるなら勝手につけるがいいんだ、そんな色合いなど僕にはどうだっていい。あいつはイワンを好きじゃないし憎んでいるぞ、お前の事も良く思っちゃいないな。それで僕が追い払わないのは、賢い奴だからさ。それにしてもひどく傲慢だよ」

・ ドミートリィがラキーチンの様子をアリョーシャに語ります。事件を記事にして世に出ようとする、抜け目ない彼の意図を見抜いていながら面会を続けてきたのです。外の情報をいろいろ聞いたり議論ができるのは、拘束されている身にとっては重宝な存在なのでしょう。

駄目になったなんて2016-10-04

 ≪Я ему сейчас вот говорил: "Карамазовы не подлецы, а Философы, потому что все настоящие русские люди философы, а ты хоть и учился, а не философ, ты смерд". Смеётся, злобно так. А я ему: де мыслибус non est disputandum, хороша острота? По крайней мере и я в классицизм вступил, - захохотал вдруг Митя.
- Отчего ты пропал-то? Вот ты сейчас сказал? - перебил Алёша.

<試訳> 「今しがたあいつに言ってやったんだ。” カラマーゾフ家の者は卑劣漢じゃなく哲学者だぜ。なぜなら、本当のロシア人はみな哲学者だからな。ところが、お前は学問こそやったろうけど、哲学者じゃない、どん百姓だ ” とな。ひどく憎々しげに笑ってやがった。それでこうも言ってやったのさ。思想の相違は喧嘩にならぬ(訳註:ラテン語)とね、結構辛辣だろう? 少なくとも、僕は古典文学に造詣ありってわけさ」 急にミーチャは高笑いした。
「駄目になったなんて、兄さんはどうして? さっき言ったでしょう?」 アリョーシャが話の腰を折った。

・ 先ほどアリョーシャが部屋に入りかけた時に、大きな声がし、ラキーチンが不機嫌だったのは、ドミートリィがラキーチンに対して皮肉を込めて侮辱したところだったのです。アリョーシャはその説明にあまり興味を示さずに聞き流して、兄の事を気にかけます。

神様が気の毒になった2016-10-05

 ≪- Отчего пропал? Гм! В сущность... если всё целое взять - бога жалко, вот отчего!
- Как бога жалко?≫

<試訳> 「なぜ駄目になったかって? うーむ! 実際のところ… 大雑把に言うなら、そうだな、神様が気の毒になったんだ、だからさ!」
「神様が気の毒って、どういう事ですか?」

・ 悲観的な事を言ったドミートリィの真意を理解できずに、アリョーシャが再び尋ねると、彼は意味ありげな答えを返すのです。

神経が震えるのさ2016-10-06

 ≪- Вообрази себе: это там в нервах, в голове, то есть там в мозгу эти нервы... (ну чорт их возьми) есть такие этакие хвотики, у нервов этих хвостики, ну, и как только они там задрожат... то ест видишь, я посмотрю на что-нибудь глазами, вот так, и они задрожат, хвотики-то ... а как задрожат, то и является образ, и не сейчас является, а там какое-то мгновение, секунда такая пройдёт, и является такой будто бы момент, то есть не момент,≫

<試訳> 「考えてもみな、それはここの神経の問題なんだ、頭の中のな、つまりここら辺の脳髄の中に神経があって… (ちぇっ、いまいましい) その神経の先っぽに尻尾のようなものがある、さあ、そこで神経が震えるや否や… つまりいいかい、僕が何かを目を凝らして見つめると、ほらこんなふうに神経が震えるのさ、尻尾がね… そして震えると映像が現れるわけだ。しかもすぐに現れるんじゃなくてな、そこで一瞬の間がある、その一秒が経ってからだよ、ある要素らしきものが現れる、つまり、いや要素じゃないな、」

・ ドミートリィは ” 神様が気の毒 ゛の意味をアリョーシャに質問されて語り出します。回りくどい説明でどこに結びつくのか分かりません。カラマーゾフ一族は哲学者だ、と先ほど言っていた通り、かなり思弁的です。

焼けつくような思いだった2016-10-07

 ≪- чорт его дери момент, - а образ, то есть предмет, али происшествие, ну там чорт дери - вот почему я и созерцаю, а потом мыслю... потому что хвостики, а вовсе не потому, что у меня душа и что там какой-то образ и подобие, всё это глупости. Это, брат, мне Михаил ещё вчера объяснял, и меня точно обожгло. Великолепна, Алёша, эта наука! Новый человек пойдёт, это-то я понимаю... А всё-таки бога жалко!≫

<試訳> 「要素などどうでもいい、そう映像だ、つまり対象物、あるいは事柄が現れる、全くいまいましい。これがどうして僕が観察し、思考するかという理由だ… 尻尾のせいさ、自分に魂があるからでもなければ、神の似姿だからじゃない、そんなのは全部無意味なんだ。アリョーシャ、この事はラキーチンが昨日のうちに講釈しやがってな、僕は焼けつくような思いだった。みごとなもんじゃないか、アリョーシャ、この学問! 新しい人間の登場だ、その事は僕にも分かる…。そうだとしても、やはり神様が気の毒なんだ!」

・ ドミートリィが語っていたのはラキーチンの考えだったのです。彼自身は認めがたい気分を抑えられません。人間の精神に関する物質的な説明は、神の領域に踏み込んで汚すような思いなのでしょう。彼は新しい科学を認めながらも、ないがしろにされる神を哀れむと同時に、自分自身の頭脳が駄目になったと言ったのです。

あからさまにはやりません2016-10-08

 ≪- Ну и то хорошо, - сказал Алёша.
- Что бога-то жалко! Химия, брат, химия! Нечего делать, ваше преподобие, подвиньтесь немножко, химия идёт! А не любит бога Ракитин, ух не любит! Это у них самое больное место у всех! Но скрывают. Лгут. Представляются. "Что же, будешь это проводить в отделении критики?" спрашиваю. - "Ну явно-то не дадут", говорит, смеётся.≫

<試訳> 「まあそれも良い事ですよ」 アリョーシャが言った。
「神様が気の毒だって事がか! 化学さ、アリョーシャ、化学なんだよ! しょうがありません、司祭様ちょっと脇にどいて下さい、化学のお通りなので! ラキーチンは神様を好まない、ああ、大嫌いなんだ! それがあいつら全員の最大の弱点さ! だが、隠しているぞ。嘘をついてやがる。装っているのさ。“ どうなんだ、評論の分野でこれを貫くつもりか?” と尋ねると、“ それはまあ、あからさまにはやりませんがね ”、と言って笑いやがるんだ」

・ ドミートリィ特有の言い回しです。彼は神を敬わないラキーチンの考えに批判的ですが、動揺する気持も表れています。19世紀後半の当時、次第に科学的な考え方が広まっている時期で、宗教観にも影響し始めた状況が反映しているように思います。

全てが許される事になる2016-10-09

 ≪- " Только как же, спрашиваю, после того человек-то? Без бога-то и без будущей жизни? Ведь это стало быть теперь всё позволено, всё можно делать? " - "А ты и не знал?" говорит. Смеётся. - "Умному, говорит, человеку всё можно, умный человек умеет раков ловить, ну а вот ты, говорит, убил и влопался, и в тюрьме гниёшь!" Это он мне-то говорит. Свинья естественная!≫

<試訳> 「“ ただそうなるといったい人間はどうなる? 神も、来世もないとなったら? そうなると今度は全てが許される事になるぞ、何だってできるじゃないか?” と聞いたよ。“ じゃああんたは知らなかったわけ?” と言いやがってな。嘲笑うんだぜ。“ 賢い人は何をしてもいいのさ、賢い人はうまく立ち回れるからな、ところがあんたは人を殺してどじを踏んで捕まって、牢獄で朽ち果てるんだ!” この僕に、こう言ったよ。正真正銘の豚野郎め!」

・ “ 神が存在しなければすべてが許される ”、ドミートリィとラキーチンが交わすこの部分のやり取りは重要なモチーフで、作者は別の場面でも何人かの登場人物に語らせています。生まれた時からの精神的基盤である神への信仰に対して、その前提を揺るがす無神論は衝撃なのです。作者にとっての大きな課題で、「罪と罰」「悪霊」など他の作品でも提示されています。

以前なら外に放り出した2016-10-10

 ≪Я этаких прежде вон вышвыривал, ну а теперь слушаю. Много ведь и дельного говорит. Умно тоже пишет. Он мне с неделю назад статью одну начал читать, а там три строки тогда нарочно выписал, вот постой, вот здесь.
Миия, спеша, вынул из жилетного кармана бумажку и прочёл.
"Чтоб разрешить этот вопрос, необходимо прежде всего поставить свою личность вразрез со своею действительностию."
- Понимаешь или нет?≫

<試訳> 「あんな奴、以前なら外に放り出したけど、今は聞いてやっているのさ。役立つ事もいろいろ話すからな。ものを書いても筋が通っているよ。あいつは1週間ほど前からある評論を読み出してね、それをその時3行ばかりわざわざ書き抜いたんだ、待てよ、ほらここだ」
ミーチャは急いでチョッキのポケットから紙片を取り出して読んだ。
「“ この問題を解決するためには、まず第一に、自己の人格を自己の現実に対置する必要がある ”、分かるか、どうだい?」

・ ドミートリィはラキーチンを嫌いながらも、その情報力や能力を認めて会っているのです。肝心の裁判については触れようともしません。