問題の日の前夜だから2016-12-01

 ≪По дороге к Ивану пришлось ему проходить мимо дома, в котором квартировала Катерина Ивановна. В окнах был свет. Он вдруг остановился и решил войти. Катерину Ивановну он не видал уже более недели. Но ему теперь пришло на ум, что Иван может быть сейчас у ней, особенно накануне такого дня.≫

<試訳> イワンの所へ行く途中でアリョーシャはカテリーナが借りている家の傍を通らなければならなかった。窓には灯りがついていた。彼はふと立ち止まり、訪ねようと決めた。カテリーナにはもう一週間以上会っていなかった。けれども彼にはふと、もしかして今イワンは彼女の所にいるかも知れない、とりわけ、問題の日の前夜だから、という考えが浮かんだのだ。

・ アリョーシャがドミートリィとの面会を終えて、イワンに会いに向かいます。ドミートリィの逃亡の画策をしていると聞いたので、明日の公判を控えて二人が相談している可能性があると思ついたのです。

動揺している2016-12-02

 ≪Позвонив и войдя на лестницу, тускло освещённую китайским фонарем, он увидал спускавшегося сверху человека, в котором, поравнявшись узнал брата. Тот стало быть выходил уже от Катерины Ивановны.
- Ах, это только ты, - сказал сухо Иван Фёдодрович. - Ну прощай. Ты к ней?
- Да.
- Не советую, она "в волнении", и ты ещё пуще её расстроишь.≫

<試訳> 呼び鈴を鳴らして支那風の灯火にぼんやり照らされた階段に踏み入ると、アリョーシャは上から下りてくる人物に出合い、すれ違う段で兄だと分かった。もうカテリーナの所から出てきたらしい。
「ああ、お前だったか」 そっけなくイワンが言った。「じゃあ、さよなら。彼女の所へ行くのか?」
「ええ」
「やめたほうがいい、彼女は “ 動揺している ” から、ますます混乱させる事になるぞ」

・ アリョーシャはカテリーナに会うためではなく、本当はイワンに会いに寄ったのです。イワンのそっけなさに、とっさに 「ええ」 と答えてしまったようです。仄暗い階段で言葉を交わす兄弟の姿にも、長兄の明日の裁判の影を感じます。

是非ともお戻りになって2016-12-03

 ≪- Нет, нет! - прокричал вдруг голос сверху из отворившейся мигом двери. - Алексей Фёдрович, вы от него?
- Да, я был у него.
- мне что-нибудь прислал сказать? Войдите, Алёша, и вы, Иван Фёдорови, непременно, непременно воротитесь. Слы-ш-те!
В голосе Кати зазвучала такая повелительная нотка, что Иван Фёддорович, помедлив одно мгновение, решился однако же подняться опять, вместе с Алёшей.≫

<試訳> 「いいえ、違いますわ!」 瞬時に開けられた上の階の戸の中から、突然大きな声がした。
「アレクセイさん、あなたは彼の所からの帰り?」
「ええ、ミーチャの所に行ってきました」
「何か私に言伝てがありまして? お入りになって、アリョーシャ、あなたもよ、イワンさん、是非、是非ともお戻りになって。お・分かり・ですね!」
カーチャの声にはあまりにも命令調の響きがあったので、イワンは一瞬躊躇したが、それでもまたアリョーシャと一緒に戻ろうと決めた。

・ イワンはカテリーナと話を終えたのに、有無を言わせず引き戻される感じです。彼は一度は彼女と決別してモスクワへ経ちました。今は裁判の事があって彼女と会っているのでしょう。
アリョーシャとイワンを見下ろして、半ば強引に招き入れるカテリーナの高圧的な様子が描かれます。

暗い目が不吉な炎に2016-12-04

 ≪Подслушивала! - раздражительно прошептал он про себя, но Алёша расслышал.
- Позвольте мне остаться в пальто, - проговорил Иван Фёдорович, вступая в залу. - Я и не сяду. Я более одной минуты не останусь.
- Садитесь, Алексей Фёдорови, - проговорила Катерина Ивановна, сама оставаясь стоя. Она изменилась мало за это время, но тёмные глаза её сверкали зловещим огнём.≫

<試訳> 「盗み聞きしてたな!」 イワンは腹立たしそうに独り言をつぶやいたのだが、アリョーシャはそれを聞きとった。
「外套を着たままで失礼します」 イワンが広間に入りながら言った。「座りません。僕は1分以上はいませんから」
「お掛けになってアレクセイさん」 カテリーナは自分は立ったまま言った。彼女はあれ以来ほとんど変わっていないが、暗い目が不吉な炎に輝いていたた。

・ カテリーナが二人を招き入れる様子に気位の高さを感じます。彼女は過去のドミートリィに対する負い目を払拭したい思いを強く持ち続けています。何かと彼を援助するのはその表れです。イワンに対しては反対に、自分の気持とは裏腹に冷たい態度をとってしまうのです。

証言しないように2016-12-05

 ≪Алёша помнил потом, что она показалась ему чрезвычайно хороша собой в ту минуту.
- Что ж он велел передать?
- Только одно, - сказал Адёша, прямо смотря ей в лицо: - чтобы вы щадили себя и не показывали ничего на суде о том (он несколько замялся)... что было между вами... во время самого первого вашего знакомства... в том городе...≫

<試訳> その瞬間のカテリーナがとても美しく見えたのを、後になってアリョーシャは思いおこした。
「ミーチャは何を言いつけたのですか?」
「一つの事だけです」 彼女の顔を真っ直ぐ見つめてアリョーシャが言った。「どうか自分を大切にして、例の事(彼はちょっと口ごもった)を法廷で証言しないようにと… つまりあなた方の間にあった… 始めて知り合われた頃… あの町で…」

・ 明日の公判に関わるドミートリィの懸念を、アリョーシャが言い難そうにカテリーナに伝えます。彼女にとって不名誉な事実です。ドミートリィにはむしろ明らかにした方が有利だと思うのですが、それを明かさぬように勧めるのが彼らしいところです。

真意を理解しようと2016-12-06

 ≪- А, это про земной поклон за те деньги! - подхватила она, горько рассмеявшившись. - Что ж, он за себя или за меня боится - а? Он сказал, чтоб я щадила - кого же? Его иль себя? Говорите, Алексей Фёдорович.
Алёша всматривался пристально, стараясь понять её.
- И себя, и его, - проговорил он тихо.
- То-то, - как-то злобно отчеканила она и вдруг покрпаснела.≫

<試訳> 「ああ、それは例のお金をもらって深々と礼をした事ね!」 カテリーナが苦々しく笑い出して、言葉を継いだ。「いったいミーチャは自分のためなの、それとも私のためにそれを恐れているの、どうなのかしら? 大切にするようにと言ったそうだけど、誰をよ? あの人を、それとも私自身を? 教えて、アレクセイさん」
アリョーシャは彼女の真意を理解しようと努力しながら、じっと目を凝らした。
「あなた自身をです、そして彼をもです」 彼は穏やかに言った。
「それなのよ」 何か憎らしそうに、はっきりと言葉を発すると彼女は急に赤くなった。

・ ドミートリィの伝言について、カテリーナは彼がなぜその事を持ち出したのかをアリョーシャに問います。ドミートリィが自分を気遣う言葉を、そのまま受け取れないのでしょう。

女は不正直なことがしょっちゅう2016-12-07

 ≪- Вы не знаете ещё меня, Алексей Фёдорович, - грозно сказала она. - да и ещё не знаю себя. Может быть вы захотите меня растоптать ногами после завтрашнего допроса.
- Вы покажете честно, - сказал Адёша, - только этого и надо.
- Женщина часто бесчестна, - проскрежетела она. - Я ещё час тому думала, что мне страшно дотронуться до этого изверга... как до гада... и вот нет, он всё ещё для меня человек!≫

<試訳> 「あなたはまだ私を分かっていないわ、アレクセイさん」 カテリーナが厳しく言った。「もっとも私自身まだ分からないわ。もしかするとあなたは、明日の尋問の後で、私を踏みつけたいと思うかも知れないくてよ」
「あなたは正直に証言するでしょう」 アリョーシャが言った。「必要なのはそれだけなんです」
「女は不正直な事がしょっちゅうあるのよ」 歯ぎしりするように彼女は言った。「私、1時間前はまだ、あの冷血漢などに関わるのは恐ろしいと思っていたの… 蛇に触るように… ところが違うの、私にとってあの人は依然やはり人間だわ!」

・ ドミートリィの伝言を聞いたカテリーナは、明日の証言をどうするか含みを持たせています。どうなるかを自分でも予想できない様子です。

あんただけを信じているんです2016-12-08

 ≪Да убил ли он? Он ли убил? - воскликнула она вдруг истерически, быстро обращаясь к Ивану Фёдоровичу. Алёша мигом понял, что этот самый вопрос она уже задавала Ивану Фёдоровичу, может всего за минуту пред его приходом, и не в первый раз, а в сотый, и что кончили они ссорой.
- Я была у Смердякова... Это ты, ты убедил меня, что он отцеубийца. Я только тебе и поверила! - продолжала она, всё обращаясь к Ивану Фёдоровичу.≫

<試訳> 「本当にあの人が殺したの? あの人が殺したんですの?」 カテリーナは素早くイワンに向き直って、突然ヒステリックに叫んだ。アリョーシャが瞬時に悟ったのは、この同じ質問は彼の来るほんの1分ほど前に、すでにイワンにしていて、それも一度ならず幾度となくされたもので、二人が言い争いに終わったという事だった。
「私はスメルジャコフの所に行きましたわ… それはあんたが、あんたが、彼が父親殺しだと言い張ったからですよ。あんただけを信じてるんですもの!」 彼女は終始イワンを向いて言い続けた。

・ イワンがスメルジャコフの犯行だとカテリーナに言ったのは意外です。ドミートリィは、自分の犯行だとイワンが思い込んでいると言っていました。カテリーナがカラマーゾフ家の使用人のスメルジャコフを訪れるのも奇異な感じがします。
ここでカテリーナはイワンに対して "ты" つまり 「あんた」 を使っています。

有無を言わせぬような動作で2016-12-09

 ≪Тот, как бы с натуги, усмехнулся. Алёша вздрогнул, услышав это ты. Он и подозревать не мог таких отношений.
- Ну, однако доводьно, - отрезал Иван. - Я пойду. Приду завтра. - И тотчас же повернувшись, вышел из комнаты и прошёл прямо на лесницу. Катерина Ивановна вдруг с каким-то повелительным жестом схватила Алёшу за обе руки.≫

<試訳> イワンは無理したように薄笑いを浮かべた。アリョーシャは、この “ あんた ” 、を聞いてぎくりとした。二人がそのような関係だとは思えなかったのだ。
「しかし、その事はもうたくさんです」 イワンが遮った。「僕は帰ります、明日また来ますよ」 そう言うと同時に向き変って部屋を出ると、真っ直ぐ階段へと進んだ。カテリーナは突然有無を言わせぬような動作で、アリョーシャの両手を掴んだ。

・ カテリーナがイワンに対して思ったより親し気なのが、アリョーシャは意外なのです。以前の場面では、互いに緊張感のあるかしこまった接し方をしていました。ドミートリィの逃亡について何度か相談するうちに打ち解けたのかも知れません。でも、イワンの方はあまり愉快な様子ではなさそうに帰っていきます。

追いかけて下さい2016-12-10

 ≪- Ступайте за ним! Догоните его! Не оставляйте его одного минуты. - быстро зашептала она. - Он помешанный. Вы не знаете, что он помешался? У него горячка, нервная горячка! Мне доктор говорил, идите, бегите за ним...
Алёша вскочил и бросился за Иваном Фёдоровичем. Тот не упел отойти и пятидесяти шагов.≫

<試訳> 「後を追って! 追いかけて下さい! あの人を片時も放っておかないで」 早口でカテリーナが言った。「あの人、気が変なの。おかしいのをご存じないんですの? 熱病よ、神経的な熱病なのよ! お医者様が私に話してくれましたわ、さあ行って下さい、後を追いかけて…」
アリョーシャは勢いよく立ち上がりイワンの後を追って駆け出した。兄は50歩ほども離れていなかった。

・ イワンの状態を心配するカテリーナが、アリョーシャに後を追わせます。彼女によると精神が不安定なのです。父の死や兄の逮捕など、衝撃が重なったせいもあるでしょう。