明日法廷で答弁させる2017-07-01

 ≪То, что он не успел пройтись, может быть вдруг и раздражило его, так что он почти в прежнем исступлении вдруг заволил:
- Слушай, несчастный, презренный ты человек! Неужели не понимаешь, что если я ещё не убил тебя до сих пор, то потому только, что берегу тебя на завтрашний ответ на суде.≫

<試訳> 歩き回れなかった事が急に苛立たせたのかも知れないが、イワンはすっかり前と同じ興奮状態になって、突然怒鳴った。
「いいか、お前は哀れで軽蔑すべき男だ! 分からんか、これまでお前をまだ殺さないでおいたのは、明日法廷で答弁させるためだけだぞ」

・ イワンはスメルジャコフに事実を供述させると言明します。スメルジャコフはイワンを巻き込んで主犯にすると脅したのですが、それを覚悟の上の決意です。ここに至ってイワンの態度が相手に対して急に厳しくなりました。

そそのかしはしなかった2017-07-02

 ≪Бог видит (поднял Иван руку к верху) - может быть и я был виновен, может быть действительно я имел тайное желание, чтоб... умер отец, но клянусь тебе, я не столь был виновен, как ты дуамешь и, может быть, не подбивал тебя вовсе. Нет, нет, не подбивал! Но всё равно, я покажу на себя сам, завтра же, на суде, я решил! Я всё скажу, всё.≫

<試訳> 「神が見ている(イワンは片手を上に向けた)― もしかしたら僕にも罪があるかもな、父が死ぬのを… 密かに望んでいたかも知れないさ。だが、誓って言うが、お前が思っているほどには罪があるわけではない。それに、恐らくだが、お前をそそのかしたりなど一切しなかったはずだ。そう、そうなんだ、そそのかしはしなかった! だがどっちにせよ、自分については自ら証言する、明日こそ法廷で、僕は決心した! 全て話す、何もかもだ」

・ 全てを知ったイワンは、自分に言い聞かせるかのように、事実を明かす決意を語ります。スメルジャコフがそれを予想したかは分かりませんが、イワンの心の動きに敏感な彼が、その可能性を認識していなかったとは思われません。スメルジャコフが隠さず経緯を語ったのは、逃れ切る自信があるか、有罪を覚悟の上かでしょう。
神の存在に否定的な事を言っていたイワンが、ここで神を意識して罪を語るのが意外です。

お前を連れて出廷する2017-07-03

 ≪Но мы явимся вместе с тобою! И что бы ты ни говорил на меня на суде, что бы ты ни свидетельствовал - принимаю и не боюсь тебя; сам всё подтвержу! Но и ты должен пред судом сознаться! Должен, должен, вместе пойдём! Так и будет!
Иван проговорил это торжественно и энергично, и видно было уже по одному сверкающему взгляду его, что так и будет.≫

<試訳> 「だがお前を連れて出廷する! 法廷でお前が僕に関して何を話そうと、何を証言しようと受け入れる、お前を怖れやしない。何もかも自分で事実を裏付ける! だが、お前も法廷では自白しなけりゃならん! 必ず、必ずだ、一緒に行くんだ! そうするぞ!」
イワンは厳しく力強くこう言った。彼の輝いた眼差しだけからしても、そうする事はもはや明らかだった。

・ イワンが訴え出るのを阻止するために、共犯者だ、唆した主犯だと、盛んに吹き込んでいたスメルジャコフの目算が外れます。法廷で真実を話そうとするイワンの覚悟は強烈です。

そんな事にはならない2017-07-04

 ≪- Больны вы, я вижу-с, совсем больны-с. Жёлтые у вас совсем глвза-с, - произнёс Смердяков, но совсем без насмешки, даже как будто соболезнуя.
- Вместе пойдём! - повторил Иван, - а не пойдёшь - всё равно я один сознаюсь.
Смердяков помолчал, как бы вдумываясь.
- Ничего этого не будет-с, и вы не пойдёте-с, - решил он наконец безапелляционно.≫

<試訳> 「ご病気のようにお見受けしますがね、あなたは完全にご病気ですよ。目がすっかり黄色くなっています」 そうスメルジャコフは言ったが、嘲笑の調子は全くなく、むしろ同情しているようでさえあった。
「一緒に行くんだ!」 イワンが繰り返した。「お前が行かないにしても同じ事だ、僕が一人で告白する」
スメルジャコフは思案しているようにおし黙った。
「そんな事にはならないですな、あなたは行かれませんよ」 やっと彼はきっぱりと決めつけた。

・ これまでスメルジャコフに一方的に追い詰められていたイワンが、明日の法廷で真実を告白する決意をぶつけて押し返した感じです。相手の脅しに屈していると弱いけれど、身を捨てる覚悟を決めたとたんに立場が逆転する様子が表われています。それでもスメルジャコフはイワンが保身を優先するだろうと見込むのです。

恥をさらす事になりますよ2017-07-05

 ≪- Не понимаешь ты меня! - укоризненно воскликнул Иван.
- Слишком стыдно вам будет-с, если на себя во всем признаетесь. А пуще того бесполезно будет, совсем-с, потому я прямо ведь скажу, что ничего такого я вам не говорил-с никогда, а что вы или в болезни какой (а на то и похоже-с), али уж братца так своего пожалели, что собой пожертвовали, а на меня выдумали, так как всё равно меня как за мошку считали всю вашу жизнь, а не за человека.≫

<試訳> 「僕を分かっちゃいないんだ、お前は!」 咎めるようにイワンが叫んだ。
「何もかも告白なされば、あなたはあまりにも恥をさらす事になりますよ。それより何より全く無駄ですな。それは私がこう率直に言うからですよ。私はそんな事は一度もあなたに話した事などないし、あなたは何かの病気のせいか (確かにそのようですからね)、あるいは、お兄様をひどく気の毒に思うあまり、自分を犠牲にして、私に対してぬれぎぬを着せた、それと言うのも、あなたはこれまでずっと私を蠅同然に見なして、人間だと思っていない方なので、とね」

・ スメルジャコフはしたたかに言い返します。イワンが犯行のいきさつを供述しても、全て彼の捏造で自分は関わっていないと言い逃れるつもりです。法廷で両者が証言した場合、大きな問題になるでしょう。それにしても、ドミートリィの容疑は状況証拠や証言で既に固められているので覆すのは簡単ではなさそうです。
イワンは離れて暮らしていたのですが、スメルジャコフは彼の侮蔑を感じてずっと恨みを抱いていたのです。

お持ち帰り下さい2017-07-06

 ≪Ну и кто ж вам поверит, ну и какое у вас есть хоть одно доказательство?
- Слушай, эти деньги ты показал мне теперь конечно чтобы меня убедить.
Смердяков снял с пачек Исака Сирина и отложил в сторону.
- Эти деньги с собою возьмите-с и унесите, - вздохнул Смердяков.≫

<試訳> 「それで誰がいったい信じますかね、ただの一つでも証拠をお持ちですか?」
「おい、お前はさっき僕を信じさせるために、この金を見せたろうが」
スメルジャコフは札束の上からイサック・シーリナの本を取り去って脇に置いた。
「この金を受け取って、お持ち帰り下さい」 スメルジャコフはため息をついた。

・ スメルジャコフは唯一の証拠とも言える3千ルーブルをイワンに渡すのです。これが法廷に提出されると、ドミートリィの強盗殺人の嫌疑が晴れる可能性が出てきます。少なくとも彼が散財した金はフョードルから奪ったものではない事が明らかになるのです。スメルジャコフがこの時点でそうしたのはなぜか、興味深い展開です。

夢もあったんですがね2017-07-07

 ≪- Конечно унесу! Но почему же ты мне отдаёшь, если из-за них убил? - с большим удивлением посмотрел на него Иван.
- Не надо мне их вовсе-с, - дрожащим голосам проговорил Смердяков, махнув рукой. - Была такая прежняя мысль-с, что с таким деньгами жизнь начну, в Москве, али пуще того за границей, такая мечта была-с, а пуще всё потому, что "всё позвольно".≫

<試訳> 「もちろん持っていく! だが、この金のために殺したのなら、なぜ僕によこすんだ?」 イワンはひどく怪訝そうにスメルジャコフを見つめた。
「私にはそれは全く必要ありませんので」 スメルジャコフは片手を振って、震える声で言った。「以前はこんな考えもありましたよ、これだけの金でモスクワか、それとも、できれば外国で生活を始めようとね、そんな夢もあったんですがね。それというのも、例の “ 全ては許される ” からですよ」

・ これほど手の込んだ策略を用い、大罪を犯してまで手に入れた金を、スメルジャコフはイワンにあっさり渡すのです。今になって全てをあきらめた感じがしますが果たして…。” すべては許される ” は、イワンが彼に語った考え方です。

どんな善も存在しない2017-07-08

 ≪Это вы вправду меня учили-с, ибо много вы мне тогда этого говорили: ибо коли бога бесконечного нет, то и нет никакой добродетели, да и не надобно её тогда вовсе. Это вы вправду. Так я и рассудил.
- Своим умом дошёл? - криво усмехнулся Иван.
- Вашим руководством-с.
- А теперь стало быть в бога уверовал, коли дегньги назад отдаёшь?≫

<試訳> 「これは本当にあなたが教えて下さったんですよ、なにしろあの頃はずいぶんと話してくれまして、もし至上の神が存在しなければどんな善も存在しない、その時はそんなものは全く必要ないのだからとね。本当におっしゃいましたよ。それで私もそう考えたんです」
「自分の頭で思いついたんだろうが?」 イワンが苦笑した。
「あなたのご指導によりましてですよ」
「金を戻すというなら、今度は神を信じたというわけだな?」

・ 神の存在がまた問題になります。裁きの神がいなければ善悪はなく、すべてが許されるというものです。自分はこの考えに影響を受けて犯行に至ったもので、教唆したのはイワンだと言うのです。

なぜ取り乱されるんです2017-07-09

 ≪- Нет-с, не уверовал-с, - прошептал Смердяков.
- Так зачем отдаёшь?
- Полноте... нечего-с! - махнул опять Синрдяков рукой. - Вы вот сами тогда всё говорили, что всё позволено, а теперь-то почему так встревожены, сами-то-с? Показывать на себя даже хотите идти... Только ничего того не будет! Не пойдёте показывать! - твёрдо и убеждённо решил опять Смердяков.≫

<試訳> 「いえ、信じたわけじゃないのでして」 スメルジャコフが囁き声で言った。
「それならなぜ金を返すんだ?」
「たくさんです… 何でもありゃしませんよ!」 スメルジャコフはまた片手を振った。「あなたはあの頃ご自分で、全ては許されるといつも仰られたじゃありませんか。なのに今になって、なぜそんなふうに取り乱されるんです、ご当人が? ご自分の罪を告白しに行きたいとまで…。ただ、そんな事にはなりませんな! 証言しに行かれやしないんだ!」 再びきっぱり確信をもってスメルジャコフが断言した。

・ 攻守所を変えながら続いてきた二人のやり取りを通じて、何か共犯関係のようなつながりを感じます。互いに親しい感情は全くないのに、通じ合うところがあるのです。

人生を永久に台無しに2017-07-10

 ≪- Увидишь! - проговорил Иван.
- Не может того быть. Умны вы очень-с. Деньги любите, это я знаю-с, почёт тоже любите, потому что очень горды, прелесть женскую чрезмерно любите, а пуще всего в покойном довольстве жить и чтобы никому не кланяьться, - это пуще всего-с. Не захотите вы жизнь на веки испортить, такой стыд на суде приняв.≫

<試訳> 「まあ見てるがいい!」 イワンは言った。
「そうなるはずはないですね。あなたはとても賢い方ですからね。お金がお好きなのを私は存じていますし、名誉もお好きでいらっしゃる。なにしろとても気位が高く、女性の美なんぞも殊更お好きで、何より、快適に裕福な暮らしをして、誰にも頭を下げたくないのですから。これを何よりも大切になさっておられる。法廷でそんな恥をさらして人生を永久に台無しにするのを望まれやしませんね」

・ スメルジャコフはイワンの性格を並べ立てて、法廷で証言するはずがないと結論します。その性格はフョードルと実に似通っています。ドミートリィの放蕩は父譲りだと感じますが、スメルジャコフはイワンのほうがフョードル的だと見ているようです。果たしてイワンは出廷するのか、明日が待たれます。