ハムレット的疑問などなしに2018-09-01

 ≪Пусть, пусть, - и боже, как бы я был рад тому первый! О, не верьте мне, считайте меня за больного, но всё-таки запомните слова мои: ведь если только хоть десятая, хоть двадцатая доля в словах моих правда, - те ведь и тогда ужасно! Посмотрите, господа, посмотрите, как у нас застреливаются молодые люди: О, без малейших гамлетовских вопросов о том: "Что будет там?"≫

<試訳> いいです、そう言って構いません。それどころか、その通りなら私は真っ先にどんなに喜ぶでしょう! ああ、私を信じないで、病人だと見なして結構です。けれども、この言葉はやはり記憶に留めて下さい。もし、たとえ私の言葉の十分の一であれ、二十分の一であれ真実であれば、その時は恐ろしい事になるのですから! いいですか、皆さん、ご覧なさい、我が国でどれほど青年達が銃で自殺しているかを。ああ “ あの世には何があるのか? ” というハムレット的疑問などこれっぽっちもなしにです。

・ 検事は世相の悲観的な面を強調して訴えます。犯罪は特殊な個人ではなく、誰もが起こし得るという考えです。その裏側には社会批判が隠されているでしょう。流刑になって収監されて凶悪犯と生活した作者の実体験が反映していると思うと重みを感じます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック