鳥のようなトロイカよ2018-09-07

 ≪"Ах тройка, птица тройка, кто тебя выдумал!" - и в гордом восторге прибавляет, что пред скачущею сломя голову тройкой почтительно сторонятся все народы. Так, господа, это пусть, пусть сторонятся почтительно или нет, но на мой грешный взгляд гениальный художник закончил так или в припадке младенчески невинного прекрасномыслия, или просто боясь тогдашней цензуры.≫

<試訳> “ ああトロイカ、鳥のようなトロイカよ、誰がお前を考え出したのか!” と。さらに誇らしい歓喜に満ちて付言するのです、脇目もふらずに疾駆するトロイカの前に、あらゆる民族が敬意をもって脇によけるのだと。構いません、皆さん、敬意があろうとなかろうと脇によらせましょう。しかし、私の罰当たりの見方では、天才的芸術家がこのように作品を結んだのは、子供のような無邪気で甘美な思いの発作にかられてか、あるいは単に当時の検閲を恐れたか、どちらかなのです。

・ 事件の核心に入る前置きなのですが、どのように結びつくのか分かりません。ゴーゴリの作品「死せる魂」の結末の部分を取り上げて論じる文学的な検事の真意が、廷内の人々にどう伝わり理解されるのか知りたいところです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック