何よりもまずは高利貸だった2018-09-11

 ≪Посмотрите на этого несчастного, разнузданного и развратного старика, этого "отца семейства", столь печально покончившего своё существование. Родовой дворянин, начавший карьеру бедненьким приживальщиком, чрез нечаянную и неожиданную женитьбу схвативший в приданое небольшой капитальчик, вначале мелкий плут и льстивый шут, с зародышем умственных способностей довольно впрочем не слабых, и прежде всего ростовщик.≫

<試訳> あれほど悲惨な最期を遂げた、不幸で放埓で淫蕩な老人、この “ 一家の父 ” を見て下さい。貧しい居候から歩み始め、偶然思いがけない結婚によって持参金として僅かな資産を手にした生まれながらのこの貴族は、最初のうちはかなりの知的才能の萌芽を有する小賢しい詐欺師で、また追従の道化師で、何よりもまずは高利貸だったのです。

・ 検事は被害者フョードルの人物像を描きます。この町では誰もが知っているはずです。いよいよ彼の考える事件の推移と輪郭が語られる事になります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック