私達の母なるロシェユーシカ2018-09-29

 ≪И однако же, тут она, наша Россеюшка, пахнет ею, слышится она матушка. О, мы непосредственны, мы зло и добро в удивительнейшем смешении, мы любители просвещения и Шллера, и в то же время мы бушуем по трактирам и вырываем у пьянчежек, собутыльников наших, бородёнки. О, и мы бываем хороши и прекрасны, но только тогда, когда нам сами хорошо и прекрасно.≫

<試訳> しかしながら、そこには彼女が、私達の母なるロシェユーシカがいて、その匂いがし、声が聞こえます。おお、彼は直情的なのです。善と悪が驚くほど混じあっていて、文明とシラーの愛好者でありながら、同時に居酒屋に通って飲んだくれ、例の酔っぱらいの飲み仲間の顎鬚を引き抜くのです。ああ、しかも、彼は善良で立派な人間になる事もあります。ただそれは彼自身が楽しく気分のいい時だけです。

・ ドミートリィの性格を検事が描写します。ロシア的である事と、知的な面と粗暴な面の二重性が強調されています。居酒屋の話は、スネギリョフ大尉の髭を掴んで引きずった例の一件です。
この文中の主語は “мы(私達)” になっていながら、明らかにドミートリィを指しているので “ 彼 ” としました。話者の検事がドミートリィと一体となって語る表現だと思います。