手紙が提出されるまでためらっていた2019-06-01

 ≪"Позвольте, господа присяжные, тут жизнь человеческая, и надо быть осторожнее. Мы слышали, как обвинение само засвидетельствовало, что до самого последнего дня, до сегодня, до дня суда, колебалось обвинить подсудимого в полной и совершенной преднамеренности убийства, колебалось до самого этого рокового "пьяного"письма, представленного сегодня суду.≫

<試訳> “ 失礼ながら陪審員の皆さん、ここに一人の人間の人生が懸かっているのですから、より慎重にご判断されなければなりません。検事自身が、ぎりぎりの日まで、つまり公判の本日まで、疑問の余地のない完全な計画殺人の罪で被告を告発するのをためらっていた、と証言したのを私達は聞きました。他でもないあの宿命的な “ 酔って書かれた ” 手紙が今日法廷に提出されるまでためらっていたのであります。

・ つい先ほどまで、当局にも確信はなかったのです。カテリーナとドミートリィの当初からの感情の行き違い、それにグルーシェンカがからみ、このような状況を招きました。
信仰と不信の葛藤、父と子の軋轢、婚約者と恋人の争い、兄弟の間の信頼と相克、当時のロシア社会の世情、子供達の友情…、数えきれないテーマを含んだこの物語が徐々に終盤にさしかかります。

彼女の所へと駆け出した2019-06-02

 ≪"Совершилось как по писаному!" Но опять-таки повторяю: он побежал к ней, за ней, единственно только узнать, где она. Ведь это факт непреложный. Случись она дома, он никуда бы не побежал, а остался при ней и не сдержал бы того, что в письме обещал. Он побежал нечаянно и внезапно, а о "пьяном" письме своём он, может быть, вовсе тогда и не помнил.≫

<試訳> “ 書かれた通りに実行された! ” と検事は言います。けれども、また繰り返しになりますが、被告は彼女の所へと駆け出したのです。彼女を探し、どこにいるか突き止めるためだけにです。これが疑う余地のない事実なのですから。彼女が家にいたなら、被告はどこへも駆け出さずに彼女の傍にとどまったでしょうし、手紙で予告した事も実行しなかったに違いありません。被告は思わず不意に駆け出し、おそらくその時 “ 酔って書いた ” 手紙の事などは全く覚えていなかったでしょう。

・ 検事が手紙の犯行予告からドミートリィの計画的犯行を確信したのに対して、弁護士はあくまでグルーシェンカの行方を追った突発的な行動だと主張します。実際彼はフョードルのところに来ていないのを知って急いで戻り、彼女が元の恋人の待つモークロエに発った事実を聞いて呆然としています。金の事など考えてもいなかったのです。

完全な心理分析2019-06-03

 ≪"Захватил, дескать, пестик" - и помните, как из этого одного пестика нам вывели целую психологию: почему-де он долен был принять этот пестик за оружие, схватить его как оружие, и прочю, и проч. Тут мне приходит в голову одна самая обыкновенная мысли: ну что, если б этот пестик лежал не на виду, не на полке, с которой схватил его подсудимый, а был прибран в шкаф? - ведь подсудимому не мелькнул бы он тогда в глаза, и он бы убежал без оружия, с пустыми руками, и вот, может быть, никого бы тогда и не убил.≫

<試訳> “ 杵を掴んだではないか ” と言われるかも知れません。では、この一つの杵から完全な心理分析が導き出された事を思い起こして下さい。つまり、なぜ被告はこの杵を凶器と見なし、凶器として掴み取ったのか等々です。この点では私の頭に浮かぶのは、しごく平凡な考えなのです。もしこの杵が目につきやすい棚の上ではなく - 被告はそこから掴み取ったのですが - 戸棚の中にしまわれていたならば、どうなのか? それなら目につかず凶器を持たずに手ぶらで駆け出したはずで、となると誰も殺さなかったかも知れないのです。

・ ドミートリィは出がけに近くにあった杵を咄嗟に手に取りました。弁護士の主張通り以前から計画していた行動でないのは事実です。けれども杵を持って行ったために、グリゴーリィを殴打に使ってしまいました。それがなければ血を流す事はなく、冤罪は免れたでしょう。

凶器と計画性の証拠2019-06-04

 ≪Каким же образом я могу заключать о пестике как о доказательстве вооружения и преднамерения? Да, но он кричал по трактирам, что убьёт отца, а за два дня, в тот вечер, когда написал своё пьяное письмо, был тих и поссорился в трактире лишь с одним только купеческмм приказчиком, "потому-де, что Карамазов не мог не поссориться".≫

<試訳> いったいどうしたらこの杵について、凶器と計画性の証拠だと結論できるのでしょうか? いや、被告はあちこちの居酒屋で父親を殺してやると喚いていたのだし、事件の二日前の酔って手紙を書いた日はおとなしくしていて、居酒屋でも、ある商家の店員と口論しただけだった。それは “ カラマーゾフは口論せずにいられない人間だからだ ” と言うかも知れません。

・ ドミートリィの直情的な性格や平素の振舞いは町の多くの人が知っています。事件を起こしかねないと思われるような事を自ら口走ってもいるのです。不利な状況が揃っていて、人々の先入観を取り除くのは容易ではないようです。

静けさと物陰を求めて姿を消そうとするもの2019-06-05

 ≪А я отвечу на это, что уж если замыслил такое убийство, да ещё по плану, по написанноу, то уж наверно бы не поссорился и с приказчиком, да, может быть, и в трактир не зашёл бы вовсе, потому что душа, замыслившая такое дело, ищет тишины и стушёвки, ищет исчезновения, чтобы не видали, чтобы не слыхали: "Забудьте-де обо мне, если можете", и это не по расчёту только, а по инстинкту.≫

<試訳> それに対して、私はこう答えます。もしそのような殺人を、より計画的に、手紙に書かれた通りにやろうと企んでいたとしたら、おそらく番頭とも口論せず、いや、居酒屋などにも全く立寄らなかったに違いありません。なぜなら、そんな大それた事件を企んでいる魂は、人目につかず聞かれぬよう、“ できるなら僕の事を忘れてくれ ” と、静けさと物陰を求めて姿を消そうとするもので、これは打算によるのではなく本能によるのです。

・ 重大な犯行を計画している人間が、声高に人前で諍い合うような目立つ事はしない、というのは説得力があります。ドミートリィは以前から父を非難し殺意まで大っぴらにしているので、もし仮に実際にそれを実行したなら、彼の気質からして率直に認めるはずだと思います。

酔っ払いの苛立ち2019-06-06

 ≪Господа присяжные, психология о двух концах, и мы тоже умеем понимать психологию. Что же до всех этих трактирных криков во весь этот месяц, то мало ли раз кричат дети али пьяные гуляки, выходя из кабакое и ссорясь друг с другом: "Я убью тебя", но ведь не убивают же. Да и самое это роковое письмо - ну не пьяное ли оно раздражение тоже, не крик ли из кабака выходящего: убью, дескать, всех вас убью!≫

<試訳> 陪審員のみなさん、心理学は両刃の剣ですが、私達も心理学を理解できます。ひと月の間じゅう居酒屋で喚き散らしていた事については、子供達や酒場から出てきた酔漢が互いに喧嘩をして、“ お前を殺してやる ” と叫ぶ事はよくあるではありませんか、でも実際に殺しはしません。問題の宿命的な手紙も、やはり酔っ払いの苛立ちであり、酒場から出てきた酔漢が、殺してやるぞ、お前らを皆殺しにしてやる! と叫ぶのと同じではありませんか。

・ 弁護士は酔って書かかれた手紙を証拠としての価値のないものと見なします。ドミートリィが手紙の事を忘れていたのは事実です。カテリーナがその手紙を受け取って、彼を助ける気持があれば何かできる事があったはずです。二人の感情の行き違いが、この法廷の場で彼の運命を左右するのです。

それで全てが手紙に書かれた通りに2019-06-07

 ≪Почему не так, почему не могло быть так? Почему это письмо роковое, почему, напротив, оно не смешное? А вот именно потому, что найдён труп убитого отца, потому что свидетель вилел подсудимого в саду, вооружённого и убегающего, и сам был повержен им, стало быть и совершилось всё по написанному, а потому и письмо не смешное, а роковре. Слава богу, мы дошли до точки: "коли был в саду, знаит, он и убил.≫

<試訳> なぜそうではないのでしょう、なぜそれはありえないのでしょうか? なぜこの手紙が宿命的なのです、どうしてなのです、反対にそれは馬鹿げたものではないでしょうか? それは、殺された父親の死体が発見されたからに他なりません。なぜなら、証人が庭で凶器を持って走り去る被告を目撃し、自分も倒されたからです。それで全てが手紙に書かれた通りに実行された事になり、したがって手紙も馬鹿げたものではなく宿命的なものとされるわけです。おかげで私達は “ 庭にいたのだから、つまり被告が殺したのだ ” という観点に到ったのです。

・ 弁護士はグリゴーリィの証言を状況から導かれたものだとして、不確実性をややシニカルに論じます。グリゴーリィがそう思うのは無理もないとしても、検事がその点をもっと緻密に検証できなかったものか、弁護士の指摘を聞いてあらためて感じます。

それで全てが手紙に書かれた通りに2019-06-07

 ≪Почему не так, почему не могло быть так? Почему это письмо роковое, почему, напротив, оно не смешное? А вот именно потому, что найдён труп убитого отца, потому что свидетель вилел подсудимого в саду, вооружённого и убегающего, и сам был повержен им, стало быть и совершилось всё по написанному, а потому и письмо не смешное, а роковре. Слава богу, мы дошли до точки: "коли был в саду, знаит, он и убил.≫

<試訳> なぜそうではないのでしょう、なぜそれはありえないのでしょうか? なぜこの手紙が宿命的なのです、どうしてなのです、反対にそれは馬鹿げたものではないでしょうか? それは、殺された父親の死体が発見されたからに他なりません。なぜなら、証人が庭で凶器を持って走り去る被告を目撃し、自分も倒されたからです。それで全てが手紙に書かれた通りに実行された事になり、したがって手紙も馬鹿げたものではなく宿命的なものとされるわけです。おかげで私達は “ 庭にいたのだから、つまり被告が殺したのだ ” という観点に到ったのです。

・ 弁護士はグリゴーリィの証言を状況から導かれたものだとして、不確実性をややシニカルに論じます。グリゴーリィがそう思うのは無理もないとしても、検事がその点をもっと緻密に検証できなかったものか、弁護士の指摘を聞いてあらためて感じます。

いたのだ、したがって2019-06-08

 ≪Этими двумя словечками: коли был, так уж непременно и значит, всё исчерпывается, всё обвинение - "был, так и значит". А если не знаит, хотя бы и был? О, я согласен, что совокупность фактов, совпадение фактов действилельно довольно красноречивы. Но рассмотрите, однако, всё эти факты отдельно, не внушаясь их совокупностью: почему, например, обвинение ни за что не хочет допустить правдивости показания подсудимого, что он убежал от отцова окошка?≫

<試訳>  庭にいたからには、したがって必ず殺したという事、“ いたのだ、したがって ”、これら二つの言葉によって、起訴理由の全てが言い尽くされているのです。そう、私は実際に事実の総体が、事実のつながり合いがかなり雄弁な事には同意をします。しかしながら、これらの事実の全てを個別に、その総体に左右されずによく吟味してみて下さい。たとえば、被告が父親の窓辺から逃げ去ったという供述の真実性を、なぜ検事は何としても認めようとしないのでしょうか?

・ 弁護士はドミートリィが庭を走り去った事と殺人とは結びつかないと主張します。それぞれが別の事なのに、事件全体の中で結果的に関連づけられてしまったのです。被告が否認しているのですから厳密な検討を求めるのは当然です。

きっとあの瞬間、母が僕のために祈ってくれた2019-06-09

 ≪Вспомните даже сарказмы, в которые пускается здесь обвинение насчёт почтительности и "благочестивых" чувств, вдруг обуявших убийцу. А что, если и в самом деле тут было нечто подобное, то есть хоть не почтительность чувств, но благочестивость чувств? "Должно быть, мать за меня замолила в эту минуту", - показывает на следствии подсудимый, и вот он убежал, чуть лишь уверился, что Светловой у отца в доме нет.≫

<試訳> この法廷において検事が発した、殺人者を不意に襲った恭しさと “ 敬虔な ” 感情についての、皮肉とも言える言葉を思い起こして下さい。もしそこに本当に何らかの似たような感情があったとしたら、すなわち、恭しさの感情ではないにしても、敬虔さの感情があったとしたらどうでしょう? “ きっとあの瞬間、母が僕のために祈ってくれたのです ” と、被告は予審で供述しています。それで被告は、父の家にグルーシェンカがいないのを確信するや、すぐ走り去ったのです。

・ 検事はドミートリィの供述を真に受けず、冷やかすように報告しました。容疑者像が先入観としてあるために、それに似つかわしいかどうかで供述の真偽が判断されてしまうのです。