神とその恐るべき審判の日に誓って2019-10-05

 ≪Я думал, что они сделают бунт. Сначала они как бы не верили ушам своим. И вдруг, на всю залу, послышались восклицания: "Да что это такое? Это ещё что такое?" Они повскакали с мест своих. Им, верно, казалось, что всё это сейчас же можно опять переменить и переделать. В это мгновение вдруг поднялся Митя и каким-то раздирающим воплем прокричал, простирая пред собой руки:
- Клянусь богом и Страшным судом его, в крови отца моего не виновен! Катя, прощаю тебе! Братья, други, пощадите другую!≫

<試訳> 私は女性達が暴動を起こすのではないかと思ったほどだ。初めは彼女達は耳を疑ったようだった。そして突然法廷中に叫び声が響いた。“ いったいどういう事なの? 何て事これは?” 彼女たちは席を蹴って立ち上がった。おそらく今すぐにも全てを変更してやり直せると感じたに違いない。この瞬間、突然ミーチャが立ち上がり、両手を差し伸べ、張り裂けそうな声で叫んだ。
「神とその恐るべき審判の日に誓って、父の血に関して無実です! カーチャ、お前を赦す! 兄弟よ、友よ、もう一人の女性を憐れんでくれ!”

・ 騒然とした廷内に無実を叫ぶドミートリィの悲愴な声が響きます。結果的に、カテリーナが証言を変えて提出した彼の手紙が有罪の大きな根拠となったと思われます。冤罪に服す他はない彼は、敢えてそれを赦し、さらにグルーシェンカの事を託します。
感情の入り混じった声が飛び交う場の広がりを感じさせる、ポリフォニック(多声的)な描写が強く印象に残ります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック