公判の5日後の早朝2019-10-07

 ≪Эпилог.
1. проекты спасти Митю.
На пятый день после суда над Митей, очень рано утром, ещё в девятом часу, пришёл к Катерине Ивановне Алёша, чтобы сговориться окончательно о некотором важном для них обоих деле и имея, сверх того, к ней поручение. Она сидела и говорила с ним в той самой комнате, в которой принимала когда-то Грушеньку; рядом же, в другой комнате, лежал в горячке и в бесламятстве Иван Фёдорович.≫

<試訳> エピローグ
1.ミーチャを救う計画
公判の5日後の早朝、まだ9時前に、カテリーナの家をアリョーシャが訪ねた。二人のどちらにとっても重要なある用件を最終的に取り決めるためだが、加えて彼女への依頼事もあった。彼女はかつてグルーシェンカを応接した例のあの部屋に座って話した。すぐ隣の別室には譫妄症で昏睡状態のイワンが寝ていた。

・ ドミートリィの有罪が決まって裁判は終了しました。作者はその後の経緯をエピローグに記します。久しぶりにアリョーシャが登場します。その場所はカテリーナとグルーシェンカが諍いをして決別した因縁の部屋です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック