その方策をとるしかないのです2019-10-11

 ≪Катерина Ивановна была бледна, сильно утомлена и в то же время в чрезвычайном болезненном возбуждении: она предчувствовала, зачем между прочим пришёл к ней теперь Алёша.
- О его решении не беспокойтесь, - проговорила она с твёрдою настойчивостью Алёше. - Так или этак, а он всё-таки придёт к этому выходу: он должен бежать!≫

<試訳> カテリーナは蒼ざめてひどく疲れていたが、同時にまた極めて病的に興奮していた。彼女はなぜアリョーシャが今わざわざ自分の所にやって来たのか察しがついていた。
「あの人のご決心をご心配なさる事はありません」 彼女はきっぱりした口調でアリョーシャに言った。「いずれにせよ、やはりその方策をとるしかないのです。脱走しなければなりませんわ!」

・ アリョーシャの懸案はドミートリィについてです。言い出すのをためらっていた件を、カテリーナが自分から言い出します。公判前から彼女はイワンとその策を具体的に練り、もしもの場合は彼女が事を進めるようにとイワンから頼まれていました。ドミートリィはまだ決心しかね、乗り気でない様子もあるので、その意向をどうするかが問題なのです。