人里離れたなるべく遠い所で2019-12-01

 ≪Голос его задрожал от слёз.
- Ну так вот как я решил, Алексей, слушай! - начал он опять, подавив волнение, - с Грушей туда приедем - и там тотчас пахать, работать, с дикими медведями, в уединении, где-нибудь подальше. Ведь и там же найдется какое-нибудь место подальше! Там, говорят, есть ещё краснокожие, где-то там у них на краю горизонта, ну так вот в тот край, к последним Могиканам.≫

<試訳> 彼の声は涙で震えていた。「そこで僕がどう決心したかだ、アリョーシャ、聞いてくれ! 動揺を抑えて彼がまた話し出した。「グルーシェンカとその地へ行くよ。そしてそこですぐ土を耕して働く、野生の熊と一緒にな、どこか人里離れたなるべく遠い所で。あっちにも人里離れた所ぐらいはあるさ! 向こうの国には水平線の彼方のどこかの地域にまだインディアンがいるそうだから、最後のモヒカン族がいるような、そんな地の果てに行くんだ。

・ ドミートリィはアメリカ行きの苦難を覚悟のうえで、そこへ向かう覚悟をアリョーシャについに明かします。意に沿わない地に、強いて自分を追い込もうとする、捨て鉢な気持も感じます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック