祖国の地で死ぬ2019-12-04

 ≪Здесь тоже будем где-нибудь в глуши похать, а я всю жизнь американца из себя представлять буду. Зато помрём на родной земле. Вот мой план, и сие непреложно. Одобряешь?
- Одобряю, - сказал Алёша, не желая ему противоречить. Митя на минуту смолк и вдруг проговорил:
- А как они в суде-то подвели? Ведь как подвели!≫

<試訳> この国でもやはりどこか辺鄙な所で土地を耕して、生涯アメリカ人のふりをし通すつもりだ。その代わり祖国の地で死ぬ。これが僕の計画で絶対に変えられない。賛成してくれるかい?
「賛成します」 兄に反対したくなかったので、アリョーシャが答えた。ミーチャは数分黙ってから突然話し出した。
「法廷じゃ連中にうまく事を運ばれたな? まんまと仕組まれたじゃないか!」

・ ドミートリィは一旦アメリカに逃亡した後、どうやってロシアに戻って暮らすかを考え抜いたのです。希望を失わせたくないアリョーシャは疑問を挟まず同意する他ありません。無実の罪で人生を変えられる無念さが、裁判への不満となって吐露されます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック