でも辛いんだよ2019-12-05

 ≪- Если б и не подвели, всё равно тебя б осудили, - проговорил вздохнув Алёша.
- Да, надоел здешней публике! Бог с ними, а тяжело! - со страданием простонал Митя. Опять на минуту смолкли.
- Алёша, зарежь меня сейчас! - воскликнул он вдруг: - придёт она сейчас или нет, говори! Что сказала? Как сказала?≫

<試訳> 「たとえ仕組まれなかったとしても、やはり有罪にされたでしょう」 ため息をついてアリョーシャが言った。
「そうだな、ここの連中に愛想を尽かされたんだよ! 奴らなんかどうだっていいが、でも辛いんだよ!」 ミーチャは苦悩に満ちた呻き声をあげ、再び口を閉ざした。
「アリョーシャ、今すぐ僕にとどめを刺してくれ!」 突然彼は叫んだ。「あの人が今すぐ来るのか来ないのか、教えてくれ! 何と言ってた? どう言ってたんだ?」

・ ドミートリィの苦しい胸の内が口をついて出ます。アリョーシャが傍にいて、受け止めてくれるのが慰めです。
カテリーナとは互いに意地を張り合って来た関係なのに、今は何としても会いたい気持が募り抑えられません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック