ほら、あの人です2019-12-07

 ≪- Вот она! - воскрикнул Алёша.
В этот миг на пороге вдруг появилась Катя. На мгновение она приостановилась, каким-то потерянным взглядом озирая Митю. Тот стремительно вскочил на ноги, лицо его выразлио испуг, он побледнел, но тотчас же робкая просящая улыбка замелькала на его губах, и он вдруг, неудержимо, протянул к Кате обе руки.≫

<試訳> 「ほら、あの人です!」 アリョーシャが叫んだ。
その瞬間、戸口に突然カーチャが現れたのだ。彼女は当惑したような眼差しでミーチャを眺めながら、ちょっとの間佇んだ。相手は急に立ち上がって、顔は驚きを表して蒼ざめたが、すぐに仄かに訴えるような微笑が唇に浮かんだ。そしてふいに打ち克ち難い思いでカーチャに両手を差し伸べたのだった。

・ ずっと打ち解ける事のなかった二人が出会います。ドミートリィは婚約までしながらグルーシェンカに走って裏切りました。一方、カテリーナは体面を繕って何かと彼を援助していたのに、裁判の途中で彼を有罪に追い込む証拠を提示しました。アリョーシャに懇願されて会いに来たカテリーナと、これが彼女と合う最後の機会かもしれないドミートリィがどのような言葉を交わすのか興味が尽きません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック