生涯愛すよ2019-12-12

 ≪Слышишь, люби меня, всю твою жизнь люби! - воскликнула она с каким-то почти угрожающим дрожанием в голосе.
- Буду любить и... знаешь, Катя, - переводя дух на каждом слове, заговорил и Митя, - знаешь, я тебя, пять дней тому, в тот вечер любил... Когда ты упала, и тебя понесли... Всю жизнь! Так и будет, так вечно будет...≫

<試訳> いい、私を愛してね、生涯愛して!」 何かほとんど脅すように声を震わせて彼女は叫んだ。
「愛すよ、そして… いいかいカーチャ」 ひとこと言う度に息を継いでミーチャも話し出した。「知ってるかい、5日前のあの晩も僕は君を愛していたんだよ…。君が倒れて運び出された時も…。生涯愛すよ! ずっと、永久にそうする…」

・ それぞれ現在別の人を愛しているのに、二人は互いに今後の愛を誓います。このような愛の形があり得るのか、イワンやグルーシェンカへの心遣いはどこへ… 不思議な感じで、理解し難いところです。
5日前は公判で、彼女が決定的なドミートリィの犯行予告の手紙を提示した時です。その時でさえ彼は愛していたと言うのです。そう言えば、その時彼が 「カーチャ、君を赦す…」 と言ったのが印象に残っています。