心が言ったんじゃないわ2019-12-18

 ≪- Уста её говорили гордые, а не сердце, - с каким-то омерзением произнесла Грушенька. - Избавит тебя - всё прощу...
Она замолкла, как бы что задавив в душе. Она ещё не могла опомниться. Вошла она, как оказалось потом, совсем нечаянно, вовсе ничего не подозревая и не ожидая встретить, что встречила.
- Алёша, беги за ней! - стремительно обратился к брату Митя, - скажи ей ... не знаю что... не дай ей так уйти!≫

<試訳> 「高慢な女の口先だけよ、心が言ったんじゃないわ」 何か嫌悪するような口調でグルーシェンカが言った。「あなたを救い出したなら、何もかも赦すつもり… 」
彼女は心を鎮めるかのように押し黙った。彼女はまだ冷静になれなかった。後に分かったのだが、彼女は出会うなどとは全く思いもよらず偶然入室したのだった。
「アリョーシャ、あの人を追いかけてくれ!」 ミーチャが急いで弟に訴えた。「あの人に言うんだ… 何と言ったらいいか… とにかくあのまま帰らせないでくれ!」

・ それぞれの感情が交錯する雰囲気が伝わってくる場面です。予期しない鉢合わせで、咄嗟にこれまでのしこりを引きずった言葉が口をつきます。このままではまずいと、カテリーナを追うようドミートリィが頼んだのがせめてもの救いです。