額飾りが剥がれてしまったイコン2020-01-10

 ≪- Кажды день, каждый день! - залепетал штабс-капитан, как бы весь оживившись.
Прибыли наконец в церковь и поставили посреди её гроб. Все мальчики обступили его кругом и чинно простояли так всю службу. Церковь была древняя и довольно бедная, много икон стояло совсем без окладов, но в таких церквах как-то лучше молишься.≫

<試訳> 「毎日、毎日持って来ますとも!」 二等大尉がすっかり活気づいたように言いつのった。
やがて教会に到着し、中央に棺が置かれた。少年達が全員その周りを取り囲んで、祈祷の間じゅうそのまま礼儀正しく立っていた。教会は古びていて、かなり貧相で額飾りがすっかり剥がれてしまったイコンがたくさん懸かっていたが、祈るにはこのような教会のほうがなぜか良いものである。

・ 貧しい教会、その中央に置かれた小さな棺、そをれを取り巻く子供達、その情景は厳かな宗教画のようです。作者は激しく葛藤する心情を表現しますが、このような静かな場面の描写にも詩情があります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック