どんなに悪い人間になろうと2020-02-08

 ≪А всё-таки как ни будем мы злы, чего не дай бог, но как вспомним про то, как мы хощищуронили Илюшу, как мы любили его в последние дни, и как вот сейчас говорили так дружно и так вместе у этого камня, то самый жестокий из нас человек и самый насмешливый, если мы такими сделаемся, всё-таки не посмеет внутри себя посмеяться над тем, как он был добр и хорош в эту теперешнюю минуту!≫

<試訳> そんな事にはならないだろうけど、たとえ僕達がどんなに悪い人間になろうと、それでもやはりイリューシャを葬った事や、最後の日々に彼をどんなに愛したか、そして今こうしてこの石の傍で一緒にとても仲良く話した事などを思い出したなら、最も無慈悲で嘲笑的な人間であっても、やはり今のこの瞬間に自分が善良で親切であった事を、心の中で嘲笑しようとはしないはずです!

・ 仲良く善良であるという事が、生涯を通じてどんなに貴重か強調されます。この瞬間の連続を生きて行く少年達にとって糧となる言葉です。悪い人間になる可能性まで踏み込むところが作者の深い人間観だと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック