そうだ、永遠に、永遠に2020-02-15

 ≪- Так, так, вечная, вечная, - прокричали все мальчики, своими звонкими голосами, с умилёнными лицами.
- Будем помнить и лицо его, и платье его, и бедненькие сапожки его, и гробик его, и несчастного грешного отца его, и о том, как он смело один восстал на весь классе за него!
- Будем, будем помнить! - прокричали опять мальчики, - он был храбрый, он был добрый!≫

<試訳> 「そうだ、そうだ、永遠に、永遠に」 少年達全員が感激に満ちた良く透る声で叫び声をあげた。「あいつの顔も覚えていようよ、服もみすぼらしい長靴も、そしてあいつの棺も、不幸な罪深いお父さんも、それから、お父さんのために一人で勇敢にクラス全員に対して立ち向かった事についても覚えておこう!
「きっと覚えていよう!」 再び少年達は大声で叫んだ。「イリューシャは勇敢だった、気立てのいい子だった!」

・ イリューシャを記憶にとどめようと語ったアリョーシャに応えて、少年達が共感の声をあげます。イリューシャの死の前後を通じて何と多くの事を学んだ事でしょう。カラマーゾフに関する多彩な事件と並行して、この少年達の姿が描かれた事で、小説の世界が厚みを増して広がり、時間軸も次へのつながりを予期させるものとなったように思います。