結婚するつもりはなかったけれど2020-02-19

 ≪Антон Чехов О ЛЮБВИ

На другой день к завтраку подавали очень вкусные пирожки, раков и бараньи котлеты; и пока ели, приходил наверх повар Никанор спраситься, что гости желают к обеду. Это был человек среднего роста, с пухлым лицом и маленькими глазами, бритый, и казалось, что усы у него были не бриты, а выщипаны. Алёхин рассказал, что красивая Пелагея была влюблена в этого повара. Так как он был пьяница и буйного нравая, то она не хотела за него замуж, но соглашалась жить так.≫

<試訳> アントン・チェーホフ  『 恋について 』

次の日、朝食にとても美味しいピロシキとザリガニと羊のカツレツが出た。それを食べている間に料理人のニカノールが二階にやって来て、お客様は昼食に何をお望みですかと尋ねた。中背でふっくらした顔に小さな目の男で、髭は剃ってはいるが、その口髭は剃ったというより、むしり取ったように見えた。アリョーヒンは,、美しいペラゲーヤがこの料理人に惚れ込んだ事を話した。この男が飲ん兵衛だし気性が激しいので、彼女は結婚するつもりはなかったけれど、このように暮らすのには同意していた。

・ これまで10年越しで「カラマーゾフの兄弟」に取り組んできました。ドストエフスキー特有の重層的な物語の進行と情熱的な文体、人物の際立った個性、深く重いテーマに接する日々でした。今は永い航海を終えたような感じがしています。お付き合いいただいた皆さんに感謝します。静かな入江で小休止、また新たな気持ちでブログを続けますので、よろしくお願いします。
選んだのはチェーホフのこの恋物語です。場所はアリョーヒンの邸の二階、雨に降られて立寄った客人二人と食事しながら彼が語る “ 恋について ”。淡々とした独白が続く哀歓のある短編で、これまでと違った趣です。気分を変えてチェーホフの世界をお楽しみください。

コメント

_ 慎之介 ― 2020-02-19 08:37

遠い昔を思い出しながら読ませていただきます。むしりとったような口ひげ、想像できないでいます。飲兵衛の夫にもし酔いつぶれたらそのちょび髭とっていい?いいよ、やってみな!といわれた昔、案の定酔いつぶれた夫の髭を片方剃りもう片方と思ったが目覚めたら大変とそのままに、、、、、。翌朝の騒動やいかに、夫は以来髭をたてなくなりました。料理人の髭で思い出しました。

_ mir→慎之介さん ― 2020-02-19 09:22

映像でないだけに、かえって人物のイメージが膨らみます。言葉で表現する文学の味わいはそこにもあります。思い出を連想されたそうで、微笑ましいですね。“ むしりとったような… ”、雑な剃り方でところどころに剃り残しがある様な状態かと私は感じました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック