恋についての話となった2020-02-20

 ≪Он же был очень набожен, и религиозные убеждения не позволяли ему жить так; он требовал, чтобы она шла за него, и иначе не хотел, и бранил её, когда бывал пьян, и даже бил. Когда он бывал пьян, она пряталась наверху и рыдала, и тогда Алёхин и прислуга не уходили из дому, чтобы защитить её в случае надобности. Стали говорить о любви.≫

<試訳> ニカノールはとても信心深かったので、宗教的な信念がこのような生活を続けるのを許さなかった。彼は彼女が結婚する事を、そしてそれ以外の暮らし方は望まないと迫り、罵り、しょっちゅう酔っ払っては手をあげさえした。彼が酔っぱらうと、彼女は二階に隠れて泣くのだった。そんな時アリョーヒンや小間使いは、必要な場合に彼女を守るため家を出なかった。そこで恋についての話となった。

・ ペラゲーヤがなぜこのようなニカノールを好きなのか、なぜ別れないのか、それは本人にも説明できない特別な感情かも知れません。この話を糸口に恋愛談義が始まるのです。
チェーホフは1860年生まれで1904年に44才で没しています。モスクワ大学医学部の学生時代から生活費を得るためにユーモア短編を雑誌に投稿していて、卒業後は医師と作家を兼ね、やがて本格的な作家となります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック