私達は放火しませんでした2020-03-08

 ≪Луганович - это добряк, один из тех простодушных людей, которые крепко держатся мнения, что раз человек попал под суд, то, значит, он виноват, и что выражать сомнение в правильности приговора можно не иначе, как в законном порядке, на бумаге, но никак не за обедом и не в частном разговоре. - Мы с вами не поджигали, - говорил он мягко, - и вот нас же не судят, не сажают в тюрьму.≫

<試訳> ルガノービッチは好人物で、裁判にかけられた以上、その人は罪がある、という考えに強く固執しているような純朴な人達の一人でした。また、判決の正しさに疑念を表明する事は、法的な手続きで書類によってなされるべきで、食事の席や個人的な会話では決してすべきではないという考えでした。“ 私達は放火しませんでしたよね ” と彼は柔らかな口調で言いました。“ ですから裁かれもしなければ、刑務所にも入れられないのですよ ”

・ 地方裁判所副長官のルガノ―ビッチの考えは、冤罪につながる可能性があります。疑わしきは罰する時代かも知れません。現在と全く逆の考え方に驚きます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック