聡明な眼差しの人物2020-04-04

≪Они любовались и в то же время жалели, что этот человек с добрыми, умными глазами, который рассказывал им с таким чистосердечием, в самом деле вертелся здесь, в этом громадном имении, как белка в колесе, а не занимался наукой или чем-нибудь другим, что делало бы его жизнь более приятной;≫

<試訳> 彼等はその景色に見とれ、また同時に、これほど率直に語ってくれたこの立派で聡明な眼差しの人物が、実際にここの、この広大な領地で回転車のリスのようにせわしなく立ち働いていて、学問や他の何か人生をより楽しくするものに取り組めないでいるのを気の毒に思った。

・ アリョーヒンには、才能を生かしたより充実感を持てた人生の道があったかも知れません。そんな彼に友人達が同情します。けれども、現実には人生の全てを思い通りに選択できる恵まれた人は多くはないと思います。不幸を数えるよりは、失敗や後悔を重ねながらも、その時点で最善だと考えて選択し決断した事を肯定したいものです。彼の実らなかった恋も、彼の人生のひと時を彩り、心弾ませて過ごした美しい思い出として心に刻まれたでしょう。