センナヤ街の近く2020-04-15

 ≪Близость Сенной, обилие известных заведений и, по преимуществу, цеховое и ремесленное население, скученное в этих серединных петербургских улицах и переулках, пестрили иногда общую панораму такими субъектами, что странно было бы и удивляться при встрече с иною фигурой.≫

<試訳> センナヤ街の近くなので、よく知られた歓楽の施設が多く、またここペテルブルグの中心部の通りや横丁に、密集して住んでいる主として労務者や職工達が、時折そのような風体の人物として全体の情景に点在するので、変わった恰好と出くわしても驚く方が不思議なくらいだった。

・ 現在のペテルブルグは美しい街で数々の名所のある観光地てすが、描かれている当時のこの地域はかなり猥雑な感じです。センナヤ通りは今でもショッピング゙モールやレストランやカフェの多い庶民的な所で、この作品の舞台を辿りに訪れる人もいるようです。
うだるような暑さと臭気、雑然とした街路が心象の背景になって、視点が青年の歩みと共に移動します。