呼鈴が弱々しい音をたてた2020-04-25

 ≪Это хорошо... на вякой случай..." - подумал он опять и позвонил в старухину квартиру. Звонок брякнул слабо, как будто был сделан из жести, а не из меди. В подобных мелких квартирах таких домов почти всё такие звонки. Он уже забыл звон этого колокольчика, и теперь этот особенный звон как будто вдруг ему что-то напомнил и ясно представил...≫

<試訳> これはいいぞ… 万一の場合に… ” 彼はまたそう思い、老婆の住まいの呼鈴を鳴らした。呼鈴は銅製ではなくブリキでできているように弱々しい音をたてた。このような建物の似た小さな住まいではほとんどそのような呼鈴なのだ。彼はもうこの鈴の音を忘れていたが、今この特別な音があたかも不意に彼にある事を思い出させ、鮮やかに意識させたようだった…。

・ ここに住む老婆に会いに来たのです。呼鈴の音までが何か意味を持っているようで、ほとんど推理小説の雰囲気です。普通の時でも、呼鈴を押して戸が開くのを待つ間は、期待と緊張が入り混じった気分になります。彼が耳にした意味ありげな呼鈴の音を想像します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック