私は豚だってかまいやしない2020-06-09

 ≪Но нет, изъяснить сильнее и изобразителтнее: не можете ли вы, а осмелитесь ли вы, взирая в сей час на меня, сказать утвердительно, что я не свинья?
Молодой человек не отвечал ни слова.
- Ну-с, - продолжал оратор, солидно и даже с усиленным на этот раз достоинством переждав опять последовавшее в комнате хихикание. - Ну-с, я пусь свиния, а она дама!≫

<試訳> いや、もっと強くもっと具体的に言いますと、できますかではなく、あえてする勇気がおありですかな、今の私をまともに見ながら、私が豚でないと断言する勇気が?」
青年は一言も答えなかった。
「ところで」 またしても店内に湧き起こった嘲り笑いが止むのを待って、今度は堂々と威厳を強めさえして話し手は続けた。「ところで、私は豚だってかまいやしないが、あいつは立派な女ですよ!」

・ マルメラードフの一人芝居の様な独白が続きます。自虐的な問いをラスコーリニコフに発しますが、答えを求めているわけではない調子です。“ あいつ ” は妻を指します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック