深い悲しみを察するんです2020-06-15

≪- Молодой человек, - продолжал он, восклоняясь опять, - в лице вашем читаю как бы некую скорбь. Как вошли, я прочёл её , а потому тотчас же и обратился к вам. Ибо, сообщая вам историю жизни моей, не на позорище себя выставлять хочу перед сими празднолюбцами, которым и без того всё известно, я чувствительного и образованного человека ищу.≫

<試訳> 「学生さん」 再び顔を上げて彼が話を続けた。「あなたの顔に何かしら深い悲しみを察するんですよ。入ってこられた時に、私はそれを読み取りましてね、それですぐあなたに話しかけたわけです。と言うのは、あなたに私の身の上話をするのは、それでなくても全部知っている怠けもの連中の前で恥をさらしたいからではないんです。私がね、情に厚く教養のある方を探しているからですよ。

・ マルメラードフは、ラスコーリニコフが話す相手に足ると見抜きます。酒に浸って身を持ち崩してはいても、求めるところがあるのです。ラスコーリニコフの悲しみの様子をすぐ読み取ったところにも、感性の鋭さが表れています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック