蒼白くやせ細って2020-06-28

 ≪"Живёшь, дескать, ты, дармоедка, у нас, ещё и пьёшь, и тёплом пользуешься", а что тут пьёшь и ешь, когда и ребятишки-то по три дня корки не видят! Лежал я тогда... ну, да уж что! лежал пьяненькой-с, и слышу, говорит моя Соня (безответная она, и голосок у ней такой кроткий... белокуренькая, личико всегда бледненькое, худенькое), говорит: "Что ж, Катерина Ивановна, неужели же мне на такое дело пойти?"≫

<試訳> あいつは娘に、“ この家で居候のお前が、よくも飲み食いしてぬくぬくと暮らしてるね ”と言うんですよ。子供達が3日間もパン切れ一つ目にしちゃいないのに、何を飲み食いできるというんです! 横になっていましてね、その時私は… いや今さら何を言う! 酔っ払って寝転がっていたんですよ。そして、娘のソーニャが話しているのを聞いていました。 口答えしない娘は、声がひどく優しくて… 髪はブロンドで、顔はいつだって蒼白くやせ細っていましてね、こう言ってるんですよ。“ まあ、カテリーナ・イワーノブナ、本当に私そんな事をしなくちゃなりませんの?”

・ カテリーナがソーニャに酷い言葉をかけ、しかも厭わしい働きに出そうとしています。困窮した生活が心まで貧しくするのです。娘を護るべき父親はそれを知りながら、酔いに逃げているのですから、罪のないソーニャが哀れでなりません