一緒に暮らせなくなった2020-07-03

 ≪- С тех пор, государь мой, - продолжал он после некоторого молчания, - с тех пор, по одному неблагоприятному случаю и по донесению неблагонамеренных лиц, - чему особенно способствовала Дарья Францевна, за то будто бы, что ей в надлежащем почтении манкировали, - с тех пор дочь моя, Софья Семеновна, жёлтый билет принуждена была получить, и уже вместе с нами по случаю сему не могла оставаться.≫

<試訳> 「その時からですよ、学生さん」 しばらく沈黙した後で彼が続けた。「その時から、ある都合の悪い出来事と、良からぬ者の密告がありまして ― と言うのも、その張本人はダーリヤ・フランツェブナですがね、然るべき敬意をおろそかにしたとか言いましてね ― その時から、娘のソフィア・セミョーノブナは黄色い鑑札を受けなければならん事になり、そのために、もう私共と一緒に暮らせなくなりましてね。

・ 娘のソーニャの悲運を他人に語り続けて、自らの無力をさらすしかないマルメラードフです。このような人間もいるのだ、このような家庭もあるのだと、作者が叫び続けているようです。宮廷を取り巻く貴族社会、社交界のロマンスではなく、市井の人々の生活や、底辺の悲惨さを描く事が結果的に帝政制度の矛盾への異議申し立てだったのではないかと思います。そしてまた、このような苦難を背負う人々の中にこそ、虚飾のない人間の真情を見たのです。
当時は衛生上の理由で公娼制度のある国が多く、また私娼もあったようです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック