急に憤然として2020-07-04

 ≪Ибо и хозяйка, Амалия Фёдоровна, того допустить не хотела (а сама же прежде Дарье Францевне способствовала), да и господин Лебезятников... гм... Вот за Соню-то и вышла у него эта история с Катериною Ивановной. Сначала сам добивался от Сонечки, а тут и в амбицию вдруг вошли: "Как, десткть, я, такой просвещённый человек, в одной квартире с таковскою буду жить?"≫

<試訳> 家主のアマーリヤ・フョードロブナが、住むのを承知しなかったからですよ、もともと自分でダーリア・フランツェブナを焚きつけておきながら。おまけにレベジャートニコフ氏までが… うむ… 氏とカテリーナとの間に起こった事のいきさつも、ソーニャがもとでね。はじめのうち自分がソーネチカのあとを追い回していたくせに、こうなると急に憤然として、“ 私の様な教養人が、そのような女と同じ屋根の下に暮らせるものか! ” と言い出したんだ。

・ ソーニャに対して人々の態度が厳しくなり、追い出されるように家族と離れざるを得ません。貧困ゆえの悲運です。福祉制度の大切さを痛感します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック