区割りしてまた貸ししていた2020-08-04

 ≪На краю стола стоял догоравший сальный огарок в железном подсвечнике. Выходило, что Мармерладов помещался в особой комнате, а не углу, но комната его была проходная. Дверь в дальнейшие помещения или клетки, на которые разбивалась квартира Амалии Липпевехзель, была приотворена. Там было шумно и крикливо. Хохотали. Кажется, играли в карты и пили чай. Вылетали иногда слова самые нецеремонные.≫

<試訳> テーブルの端には鉄の燭台に燃えさしの蝋燭が立っていた。見たところから、マルメラードフは部屋の片隅だけではなく部屋の一つを借りているわけで、それは通り抜けになっていた。アマリヤ・リッペベフゼリが自分の住まいを区割りしてまた貸ししていたのだ。その小部屋、と言うよりは連なる檻に通じる戸が少し開いていた。そちらの方は騒々しく大声が聞こえていた。高笑いが聞こえていた。トランプをしながらお茶を飲んでいるようだ。時折ひどく品の悪い言葉が漏れて来た。

・ マルメラードフの家族が暮らしていたのは粗末な雑居状態の環境です。貴族の華やかな社交界がある一方で、貧しい人々はこのような所に住処を求めざるを得なかったのです。帝政時代の階級社会での大きな格差を感じます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック