眠りも元気づけはしなかった2020-08-19

 ≪Ⅲ
Он проснулся на другой день уже поздно, после тревожного сна, но сон не прдкрепил его. Проснулся он желчный, раздражительный, злой и с ненавистью посмотрел на свою каморку. Это была крошечная клетушка, шагов в шесть длиной, имевшая самый жалкий вид с своими жёлтенькими, пыльными и всюду отставшими от стены обоями, и до того низкая, что чуть-чуть высокому человеку становилось в ней жутко, и всё казалось, что вот-вот стукнешься головой о потолок.≫

<試訳> Ⅲ
不安な眠りの後、彼が翌日目覚めたのは遅くなってからだが、眠りも元気づけはしなかった。怒りっぽく苛立った不機嫌な気分で目を覚まし、嫌悪の情で自分の小部屋を見回した。それはごく小さな物置部屋で、せいぜい長さが6歩ほどの極めてみすぼらしく、壁紙は黄ばんで埃だらけであちこち剥がれ落ちていた。天井の低さは、少しでも背の高い人なら絶えず頭をぶつけそうで、ぞっとするほどだった。

・ 彼の惨めな屋根裏部屋の様子です。ベッドだけで塞がってしまう獄舎のようで、このような場所で暮らしていると考え方も暗くなりそうです。とは言え、日本でもかつて、学生は弊衣破帽、3畳間の下宿、貧乏が当たり前という頃がありましたが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック