言い寄っている夫の言葉を立ち聞き2020-09-14

 ≪Марфа Петровна нечаянно подслушала своего мужа, умолявшего Дунечку в саду, и, поняв всё превратно, во всем её же и обвинила, думая, что она-то всему и причиной. Произошла у них тут же в саду ужасная сцена: Марфа Петровна даже ударила Дуню, не хотела ничего слушать, а сама целый час кричала и, наконец, приказала тотчас же отвезти Дуне ко мне в город, на простой крестьянской телеге, в ктоторую сбросили всё её вещи, бельё, платья, всё как случилось, неувязанное и неуложенное.≫

<試訳> マルファ・ペトローブナが庭で偶然、ドゥーニャに言い寄っている夫の言葉を立ち聞きしたのです。そして、全部を反対にとって、あの子の方から誘ったものだとすっかり思い込み、何もかもあの子を悪者にしたのです。とたんに庭で恐ろしい騒ぎが持ち上がりました。マルファ・ペトローブナは、何一つ話を聞こうともせずにドゥーニャを殴りさえしたのです。自分は一時間もわめき通しで、あげくの果てに、すぐにドゥーニャを粗末な荷馬車で町の私の所へ追い返すように命じたのです。その馬車には寝具類や衣類などあの子の持ち物を全部、揃えも梱包もせず手あたり次第に投げ入れられたのでした。

・ スビドリガイロフの妻に誤解されたドゥーニャは釈明する機会もなく追い出されたのです。結果的にはその後辛い思いを耐えて過ごすより良かったとも思いますが、マルファの誤解に基づくヒステリックな仕打ちは理不尽です。ドゥーニャ心の痛手を想像します。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
この小説が書かれた国の名をカタカナ3文字でご記入下さい。

コメント:

トラックバック